1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

微生物治療薬市場はCAGR7.5%で成長すると予想される

@Press / 2021年9月13日 15時30分



画像 : https://newscast.jp/attachments/4xkRr7KRfczX6LEGql9B.png


世界の微生物治療製品市場は、2020年から2027年の予測期間中に、CAGR ~7.5%の健全な成長が見込まれています。この市場の成長を牽引しているのは、生活習慣病による慢性疾患の増加と抗菌剤耐性です。例えば、ペニシリンに対する耐性は0~51%、抗大腸菌薬に対する耐性は8~65%です。企業は、いくつかの免疫疾患やその他の体調不良を治療するための新しいアプローチを開発することに躍起になっており、それが予測期間中の市場成長の可能性を高めています。


サンプルレポートの請求はこちら: https://www.reportocean.com/industry-verticals/sample-request?report_id=bw1890


世界的な慢性疾患の増加


世界保健機関(WHO)の報告書によると、慢性疾患の有病率は、2020年末までに57%増加すると予測されています。世界的な高齢化に伴い、糖尿病、循環器系疾患、癌、喘息などの有病率が増加することが予想されています。このような背景から、製薬企業は収益源を拡大するために、効果的な治療法を開発するための研究を加速させています。
ここ数年、人間の健康や病気における微生物の役割についての認識が高まっています。様々な研究が発表され、非病原性のバクテリアを取り入れることで、特定の病気のメカニズムに対処するために人工的に作られた微生物からなる生きたバイオ治療薬を開発する可能性が明らかになっています。
新興市場は、世界的に人口が増加し、様々な生活習慣病が出現していることから、潜在的な機会のハブとなる可能性があります。例えば、インドでは、喘息、CVD、高コレステロール、糖尿病を患っている人が60%以上を占めており、大きな成長機会となっています。このような要因により、予測期間中、世界的に微生物治療薬の需要が増加すると考えられます。


セクターの概要


薬用微生物学では、栄養素、抗生物質、酵素などの生産が行われます。そのため、様々な病気が蔓延していることから、微生物技術の需要が高まり、世界の微生物治療業界の展望を刺激しています。世界保健機関(WHO)によると、慢性疾患の有病率は2020年末までに57%増加すると考えられています。
高齢者人口の増加や様々な疾患の蔓延により、製薬会社は微生物技術を用いた革新的で高度な治療法の開発に向けて研究開発を加速させる必要があり、市場全体の見通しに好影響を与えています。
しかし、低品質な生産者の増加は、世界の微生物治療薬市場の拡大のボトルネックになる可能性があります。しかし、臨床開発用の高品質な試薬に対する需要が急増していることは、市場参加者にとって有益な機会となっています。


微生物治療薬の世界市場のセグメント概要


微生物治療薬市場は、供給源、用途、エンドユーザーに分類されています。これらの主要な市場セグメントは、さらに様々なサブセグメントに分類され、市場を詳細に調査しています。
ソース別の展望(Bacteria, Fungi
アプリケーション別の見通し(代謝性疾患、血液疾患、腫瘍、免疫疾患、感染症、アレルギー疾患、その他
エンドユーザー別(病院、医薬品・バイオ医薬品企業、研究・学術機関


キープレイヤーの紹介


Mylan N.V., Novartis AG, F. Hoffmann La-Roche Ltd., Amgen Inc., Pfizer Inc., Merck & Co. Dr. Reddy's Laboratories Ltd., Intas Pharmaceuticals Ltd., Novo Nordisk A/S, Eli Lilly and Company, Sanofi S.A., Boehringer Ingelheim, Bristol-Myers Squibb Company, Abbot Laboratoriesなどが、世界の微生物治療薬市場の調査に含まれる重要なプレイヤーです。


購入お問い合わせ:https://www.reportocean.com/industry-verticals/sample-request?report_id=bw1890




詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング