新ジャンル=カレンダーライクな浴室用ヴィジュアル商品「浴室でGO! 2013 ―さあ、東北の温泉地へ―」 今秋発売予定 

@Press / 2012年5月28日 11時30分

イメージ画像表紙
株式会社杉本カレンダー(本社:大阪市中央区、代表取締役社長:杉本 庄吾)は、明治40年の創業以来、ほぼ一貫して名入れカレンダー専業メーカー(業界第2位)として歩んで参りましたが、昨秋より一般販売用の商品につきましても順次企画販売を開始致しました。

この度、カレンダーライクな「浴室用ヴィジュアル商品」について詳細な情報が決定しましたので、お知らせいたします。


【企画上のポイント】

■「POPS(被写体広報)」という新しい企画視点から生まれた商品

「POPS」というのは、図版を有するカレンダーに対する当社企画部の考え方の一つであり、Publicity of Photographic Subject、即ち、「被写体広報」という意味の略です。ただ単に商品を売ろうとする為に著名な被写体等を選ぶのではなく、明確に被写体側の広報を図る為に、カレンダーという商品形態を利用しようという考え方です。

その意味では、“浴室”という、視点の限定された空間はまさにピッタリ。

今回、温泉地をテーマとしたのも、この商品を通じて素敵な露天湯の紹介を行ない、ユーザーの皆さんに湯旅の素晴らしさをお伝えして、実際に多くの人に旅に出て頂ければとの願いを以ってのことです。


■取材対象地の選定にも出来るだけ配慮しました

この商品のユーザーの裾野は大変に広く、年配のご夫婦、小さなお子さんも居られるようなご家族、若いカップル、仕事仲間のOL…、対象はかなり多岐に亘ると考えられるため、誰もが知っているというような温泉地や、「一日限定3組までの超高級旅館」などといった収容性の小さい、特殊な湯宿は、対象地からは外しました。
そして、一つの旅行先としてのご提案を行なう以上、車であれ、公共交通機関であれ、一定以上のアクセス利便性を備えている必要があると考えました。

故に、対象地の選定については、極端な僻地や秘湯、逆に極端に大衆化された地や既に有名な温泉地などは避けること、温泉郷全体としてごく標準的でリーズナブルな宿泊料金体系にあり、かつ一定以上の収容人員を持つ施設が出来れば複数あることなどに留意。
実際のところ、渓谷沿い、山間、海辺などのロケーション、そして景色、泉質、情緒など趣の点で、その特色こそ様々でしたが、何れの温泉地、湯宿共大変素晴らしいところであったと自負しております。


【外観上のポイント】

■横長スタイル、しかもヴィジュアル部分の占有面積は圧倒的

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング