ソーリン・グループにおけるイタリア北部地震の影響について

@Press / 2012年5月25日 18時0分

人工心肺、人工心臓弁、CRMの分野でヨーロッパを代表する医療機器メーカー ソーリン・グループ日本法人であるソーリン・グループ株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:杉山 純男)は、ソーリン・グループにおけるイタリア北部地震の影響について以下のとおりお知らせいたします。


5月20日の早朝、イタリア北中央地方において大規模な地震が発生しました。ソーリン・グループ・カーディオパルモナリー製造施設もこの震災地区にあり、被災いたしました。
この地震による弊社工場の現状について、カーディオパルモナリー(人工心肺)事業部プレジデントより全世界のお客様に宛ててご案内を発信しましたので、ご報告させていただきます。

なお、イタリア現地時間5月23日水曜日現在、二次災害防止のため、当局より弊社社員による製造施設・倉庫への立ち入りが許可されておらず、詳細な被害状況が完全には把握できておりません。そのため、製造・出荷再開へのスケジュール等に関する情報は限られており、製品によっては一時的に供給に支障を生じる可能性も否定できません。弊社といたしましては患者様への影響を回避することを最優先として医療機関の皆様方に情報提供するとともに、ご理解ならびにご協力をお願いしたい所存でございます。

日本法人物流センターにはある程度の備蓄もございますが、今後の出荷再開までにかなりの日数を要する状況になった場合に備えるため、少なくとも専用ディスポーザブルを必要とする弊社機器のみご使用いただいているお客様への製品供給を優先し、現時点で他社製機器のご使用が可能なお客様であれば、他社製機器への一時的な移行を積極的にご検討いただくようご依頼すべく、全営業担当者に指示いたしました。

弊社といたしましては、引き続き情報収集に努め、お客様へのご案内を逐一差し上げるとともに、実質的な影響を最小限にとどめるべく努力して参ります。かかる状況をご理解いただき、何卒ご協力賜わりますよう、よろしくお願い申し上げます。


■カーディオパルモナリー(人工心肺)事業部プレジデントからお客様宛てのご案内

(Customer Letter)
May 23, 2012
Dear Valued Customer,

Early in the morning on Sunday May 20th, northern-central Italy experienced a major earthquake leaving thousands homeless and damaging historic buildings, warehouses and factories. The Sorin Cardiopulmonary manufacturing facility resides in the stricken area and our buildings did sustain some damage. We are relieved to report all Sorin Cardiopulmonary employees and families are safe.
As we continue to assess the extent of the damage and determine our worldwide inventory position, you may experience inventory shortages. We are committed to doing our best to meet as many of your needs as we can. We appreciate your patience and understanding as we work through the effects of this natural disaster.
Your Sorin Cardiopulmonary sales representative is your primary source of information regarding our recovery from this unfortunate situation. We can ensure you we are working diligently to minimize the impact on your ability to provide patient care as quickly as possible.

Best Regards,

Michel Darnaud
President, Cardiopulmonary Business Unit and Intercontinental

(日本語訳)
親愛なるお客様へ、

去る5月20日の早朝、イタリア北中央地方は大規模な地震に見舞われて、数千人の人々が避難生活を強いられ、歴史的な建築物、工場や倉庫は被害を受けることとなりました。ソーリン・グループ・カーディオパルモナリーの製造施設も震災地区にあったために、被害を受けることになってしまいました。しかしながら、幸いなことに弊社の社員やその家族の無事は確認されております。

現在、弊社では被害程度の調査と全世界での弊社製品の在庫状況を確認しているところですが、お客様には製品供給の面で暫くご迷惑をお掛けすることになると思います。しかしながら一刻も早く皆様のご要望にお応えすべく最善を尽くす所存でございますので、よろしくご理解、ご寛容の程、伏してお願い申し上げます。

なお、今回の不幸な地震災害からの復興状況等につきましては、弊社の担当営業にお尋ね頂ければ幸いです。末尾となりますが、弊社はお客様方の医療活動への影響を最小限のものとすべく、最大限の努力の下、可及的速やかに対応する所存でございます。

ミシェル・ダルノー
プレジデント
カーディオパルモナリー・ビジネスユニット/インターコンチネンタル
ソーリン・グループ

@Pressリリース詳細ページ
提供元:@Press

@Press

トピックスRSS

ランキング