“【たばこ】について多角的な視点から学ぶ、全学共通科目を新設”大阪市立大学で上本町わたなべクリニック寄付講座開講!

@Press / 2012年5月29日 10時30分

総合診療科で著名な上本町わたなべクリニック(大阪市天王寺区)では、大阪市立大学(大阪市住吉区)で学生対象の寄附講座を開講することとなりましたのでお知らせします。
これは、大阪市立大学の記念事業「はばたけ夢基金」の健康教育支援事業として実施するものです。企画は、大阪市立大学 都市健康・スポーツセンターが行います。


【寄付講座概要】
本講座は、全学共通科目として、後期の平成24年10月から平成25年1月の期間にオムニバス形式での講義を行います。国内のたばこの研究・教育を精力的に行っている専門家・有識者をお招きし、各専門分野での講演を予定しています。たばこと病気の関係といった医学的な内容にとどまらず、政治学・法学・経済学・社会学などとたばこの関係など、横断的・体系的な講義を開設するのは、国内で初めての取り組みとなります。社会的な関心の高い、受動喫煙やたばこと子供の関係、たばこと女性の関係なども取り上げます。

二十歳成人になる前後の学生が、たばこについての科学的な系統講義を受講することにより、たばこについての正しい認識を身につけるだけでなく、横断的な専門家の講義を聞くことで、たばこに限らず幅の広い物の見方を身につけるトレーニングの場になることも期待していています。

また、本企画は健康教育事業として、平成24年度から27年度までの4年間にわたり行うものです。


【大阪市立大学「はばたけ夢基金」概要】
大阪市立大学設立130年記念事業の一環として大阪市立大学・西澤 良記学長のもとで設立。


【寄付講座詳細】
開催場所 :大阪市立大学 全学共通棟教室 (大阪市住吉区杉本3-3-138)
開催時間 :平成24年10月4日から平成25年1月24日の期間中
      毎週木曜日 13:00~14:30
テーマ  :「タバコと健康問題」
主担当教員:宮側 敏明教授
<科目の主題と目標>
本科目は、たばこががんや心疾患、脳・血管疾患、慢性閉塞性肺疾患など多くの疾患の発症との関連性が高いことを教授し、初年次の学生が喫煙の心身に及ぼす影響の認識を深め、健康なライフスタイルを構築することを目的とする。


【平成24年度シンポジウム】
平成24年度後期の寄附講座開設に先立ち、はばたけ夢基金「健康教育支援事業」が企画するシンポジウムを平成24年5月23日(水)16:10~18:00に行いました。「たばこの体への影響を考える」といったテーマで、松沢 成文元神奈川県知事、吉川 貴仁大阪市立大学呼吸器内科準教授、加治正行静岡市保健所所長をシンポジストとしてお招きし、大阪市立大学生や一般市民にも開放して行いました。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング