ウォーターズ、米国質量分析学会(ASMS 2012)においてスクリーニングアプリケーション用の新たな分析ツールを発表

@Press / 2012年5月29日 15時0分

 カナダ、ブリティッシュコロンビア州バンクーバー ― ウォーターズコーポレーション(NYSE:WAT)は本日、新たな質量分析計、残留農薬スクリーニングおよび代謝物同定アプリケーション向けの新LC/MSシステム、そして新たなオミックス研究プラットフォームについて、質量分析業界における世界最大規模の米国質量分析学会(ASMS)において明らかにしました。
http://www.waters.com/XevoG2STof


 ウォーターズは、人気製品であるXevo(R)質量分析計シリーズに、新たにXevo G2-S QTofとXevo G2-S Tofの2機種を発表しました。これらは、ウォーターズが特許を取得したStepWave(TM)イオン光学系テクノロジーを、ベンチトップ型四重極 ― 飛行時間型質量分析計に初めて搭載した製品です。StepWaveは、オフアクシスのイオン源を用いた独自のテクノロジーで、質量分析の堅牢性、再現性、クラストップの感度を実現します。

 ウォーターズは、UNIFIを用いた3種類の新たなソリューション、ウォーターズスクリーニングプラットフォームソリューション、ウォーターズ農薬スクリーニングアプリケーションソリューション、ウォーターズ代謝物同定アプリケーションソリューションについても発表しました。UNIFIを用いたこれらの新たなソリューションは、一般的な目的のルーチンスクリーニング、食品中の残留農薬スクリーニング、および代謝物の同定、定量について、ラボが必要とするすべて(LCおよびMSのハードウェア、ソフトウェア、消耗品、スタンダード、試薬)を提供します。

 科学研究の前進に向け、ウォーターズは、イオンモビリティー質量分析による分析において、結果の視覚化と処理の方法の大幅な変革が見込まれる新たなソフトウェアについて発表しました。

「質量分析は、今日の分析ラボの中軸を担っています。質量分析がさらに普及し、主力技術になるにつれ、質量分析に対する研究者の期待は高まります。ウォーターズは、研究用の分析から日常分析に至るまで、分析領域全体にわたって様々な技術革新を導入しその期待にお応えしています」と、ウォーターズの質量分析事業部門バイスプレジデントのBrian Smithは述べています。「本日発表する様々な技術革新により、私たちは発見のための新たな道を切り開き、ラボがより正確な結果を迅速に獲得するための方法をご用意いたしました。」

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング