原宿・渋谷・秋葉原・新宿にヱヴァ襲来!ヱヴァ初号機 原寸大ビジュアル広告登場!

@Press / 2012年6月5日 17時0分

ヱヴァ初号機 原寸大ビジュアル広告 告知
「EVANGELION3.0×NTT DOCOMO」プロジェクトは、6月16日より予約受付が開始されるヱヴァスマホ「SH-06D NERV」屋外型広告の設置を開始しました。

今回都内で展開される広告は、今秋公開予定のシリーズ第3作目となる『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』にも登場するヱヴァンゲリヲン初号機の原寸大のビジュアルがプリントされています。作品の中から現実の世界に飛び出してきたかのようなインパクトのあるこの広告は、渋谷・原宿・秋葉原・新宿の4箇所でみることができます。また他にも池袋、六本木、有楽町、秋葉原でも、違ったパターンのビジュアルを掲出。普段、見慣れた街の中に突如現れる迫力の原寸大ヱヴァンゲリヲンに注目です。

特にドコモショップ渋谷店に掲出される原寸大ビジュアルは圧巻の大きさで、ヱヴァンゲリヲンが格納されているかのような柵のプリントを別途、配置。劇中では身長80メートルとされる初号機が、現実の世界に飛び出してきたかのような臨場感溢れるグラフィックにも注目です。

原寸大以外のビジュアルも、新劇場版の名シーンを設置場所の特性に合わせて、選定されているので、ファンは必見です。

また、原宿で展開中の看板にも近いヱヴァンゲリヲンのアイテムがすべて揃うオフィシャルストアEVANGELION STORE TOKYO-01では、発売前の「SH-06D NERV」の実機も展示中。端末は、実際に手にとって性能を体感することが可能になっています。

6月16日より予約受付が開始される新型ヱヴァスマホ「SH-06D NERV」は、2009年に発売開始から数時間で予約受付が終了する爆発的な人気を記録したヱヴァケータイの後継機。映画「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q」の世界観をイメージしヱヴァンゲリヲンの制作会社「スタジオカラー」がデザインの監修を担当した本格派で、「NERV 官給品」という設定がファンのココロをくすぐる限定端末。デザインだけでなく機能面も充実。1.2GHz デュアルコア CPUを搭載し、3D対応4.5インチHDディスプレイを搭載。UIも「SH-06D NERV」のために特別に設計されたオリジナルデザインになっていて劇中に登場するNERVのスーパーコンピューターMAGIを3D表示で再現。他にも、防水機能・ワンセグ・赤外線通信・おサイフケータイなど充実の機能も魅力的。さらに、スマートフォン向け放送局「NOTTV」の視聴にも対応。3万台限定で、予約受付の開始は6月16日を予定しています。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング