世界最高水準の透明難燃ポリカーボネート樹脂『ユーピロン(R) EMTシリーズ』を開発

@Press / 2012年6月12日 13時30分

三菱エンジニアリングプラスチックス株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:喜嶋 安彦)は、一般的なポリカーボネート樹脂に独自の配合技術を駆使することにより、薄肉成形時における透明性と難燃性を兼ね備えた世界最高水準のポリカーボネート樹脂を開発致しました。


【背景】
当社では、これまでも環境に配慮した非ブロム・非リン透明難燃グレード『EFTシリーズ』として、EFT3200(2.0mmV-0)、EFT3150(1.5mmV-0)を上市して参りましたが、製品設計の薄肉化・軽量化に伴い、更なる薄肉難燃化のニーズが高まっています。当社ではそのニーズに応えるべく、グレードの開発に至りました。


【特徴】
今回開発したグレードは、従来のポリカーボネート樹脂の優れた「透明性」「耐衝撃性」「耐熱性」「耐光性」「成形加工性」は維持したまま、より高い難燃性(1.0mmV-0相当)を有し、LED照明やレンズ用途をはじめとする様々な透明難燃用途に使用することが可能です。さらに押出成形、射出成形にも対応しております。


【新製品ラインナップ】
今回の開発品は、新たに非ブロム・非リン透明難燃射出グレード『EMTシリーズ』として、お客様の高度な設計に合わせた以下の2製品をラインナップ致しました。

・EMT3100:UL94難燃性=1.0mmV-0相当、全光線透過率=88%(3mm厚み以下)、Haze=1%以下
・EMT3120:UL94難燃性=1.2mmV-0相当、全光線透過率=88%(3mm厚み以下)、Haze=1%以下


今後、更にお客様のご要望にお答えし、より一層使いやすく高性能なグレードとして開発を進めて参ります。


(補足)
UL94:米国の国際的認証機関 Underwriters Laboratories Inc.の難燃性規格
全光線透過率:光学特性の指標で、値が大きいほど透明性に優れる
Haze:光学特性の指標で、値が小さいほど透明性に優れる


【会社概要】
社名 : 三菱エンジニアリングプラスチックス株式会社
代表者: 代表取締役社長 喜嶋 安彦
住所 : 〒105-0021 東京都港区東新橋1-9-2 汐留住友ビル
設立 : 1994年3月
資本金: 30億円
URL  : http://www.m-ep.co.jp/index.html


[本件に関するお問い合わせ先]
当社のホームページよりお問い合わせ下さい。

@Pressリリース詳細ページ
提供元:@Press

@Press

トピックスRSS

ランキング