1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

雑誌BRUTUSが2号連続での「村上春樹」大特集!1号目は「読む」編

@Press / 2021年10月1日 10時0分

「村上春樹 上巻『読む。』編」表紙
株式会社マガジンハウス(本社:東京都中央区、代表取締役社長:片桐 隆雄)が発行するカルチャー誌『BRUTUS(ブルータス)』は、10月1日と15日に2号連続で「村上春樹」特集号を発売します。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/277680/LL_img_277680_1.jpeg
「村上春樹 上巻『読む。』編」表紙


■BRUTUS史においてもごく珍しい2号連続の大特集。上巻は「読む。」編。
2号連続、上下巻に分けての「村上春樹」大特集。毎号さまざまな特集を手がけるBRUTUSとしても、2号連続は極めて稀なことになります。
村上氏との最初の打ち合わせは1年以上前。そこから企画を練っていくうちに、コンテンツがとても1冊では収まらないボリュームに。これまでの作家としての成果を振り返りアーカイブしつつ、今、村上 春樹が考えていることをインタビューや寄稿によって詳らかにしていきます。
上巻は「読む。」編として、村上氏が大切にする本についてや、村上氏の著作を改めて紐解く企画をラインナップ。ページをくるくると巻いてつくった観音開きの著作年表では、文芸・社会学・カルチャーの視点から、村上氏の著作が時代にどんな影響を与えてきたかを探ります。


■村上 春樹が手放すことができない51冊の本を紹介。
上巻の目玉は、村上氏が自宅の書棚から選んだ本についての寄稿。「基本的に、本は読み終わったら古書店に売るか寄付する」と語る村上氏が、それでも“手放すことができない”51冊の本について、極私的な思いを込めて28ページにわたって書き下ろし。本のジャンルも、日本の小説、洋書、翻訳もの、伝記、エッセイ、漫画や料理本などとさまざま。今まで、本や他の作家について語ることが少なかった村上 春樹の読書案内はとても価値の高いものです。


■幻の「村上春樹 × BRUTUS」掲載号を再録!
Book in Bookでは、1984年に村上氏と一緒に1ヶ月現地取材してつくったドイツ特集の記事を誌面そのまま再録。ドイツにまつわる3本の短編小説と11本のミニエッセイを寄稿してくれています。村上 春樹とBRUTUSの知られざる関係を知る貴重な記録。


■オープンしたばかりの〈村上春樹ライブラリー〉の詳報も。
表紙を飾る、階段に立つ村上氏の写真は上巻の発売日、10月1日に開館した早稲田大学国際文学館、通称〈村上春樹ライブラリー〉の館内でのカット。作家関連の書籍・資料はもとより、村上氏から寄贈を受ける膨大なレコードコレクションや家具なども収蔵されています。ギャラリーラウンジ、展示室、スタジオ、オーディオルーム、カフェスペースに村上氏の自宅書斎の再現まで……多彩な楽しみ方のできるライブラリーの全貌をいち早くレポート。建築を手掛けた隈 研吾氏、ブックディレクションを担当した幅 允孝氏によるエッセイも。

■下巻「聴く。観る。集める。食べる。飲む。」編は10月15日発売!
2号連続の2号目は「聴く。観る。集める。食べる。飲む。」編。レコードレビュー書き下ろしや自宅取材、村上RADIO収録現場取材やインタビューなど、こちらも企画盛りだくさんの予定。

【商品概要】
●BRUTUS号 948号
●特集名:「村上春樹 上巻『読む。』編」
●発売日:10月1日(金)
●特別定価:820円
●出版社:株式会社マガジンハウス


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング