ネオジャパン、社内ネットワーク上に構築された「desknet's」のデータをクラウドにバックアップして障害・災害に備える『desknet'sバックアップサービス』の提供を開始

@Press / 2012年6月14日 11時0分

株式会社ネオジャパン(本社:神奈川県横浜市、代表取締役社長:齋藤 晶議)は、グループウェア「desknet's」をご利用のお客様に向けた新しいサービスとして、社内ネットワーク上に構築された「desknet's」のデータを、インターネットを通じてクラウド上にバックアップする『desknet'sバックアップサービス』を、2012年6月14日(木)から提供開始いたします。


今日では、グループウェアは社内の重要な情報インフラとして確立され、社内のコミュニケーション基盤として、また社内情報を一元管理するための情報基盤として、事業の継続に重要な役割を果たしています。
こうしたグループウェアを、障害などのトラブルから守るためには、定期的なデータのバックアップが重要です。
また、事業所そのものが被災する恐れのある大規模災害への対策としては、遠隔地にデータのバックアップを保存する、DR(ディザスターリカバリ)のような対策も求められます。


今回、社内ネットワーク上に「desknet's」を構築してご利用頂いているお客様に向け、「desknet's」のデータバックアップとDRをクラウドで実現する『desknet'sバックアップサービス』を、年間10,000円~(税抜)という低価格にて提供を開始いたします。
データのバックアップ先には、ニフティ株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:今村 隆)が提供する、『ニフティクラウドストレージ』を利用。
高い安定性とセキュリティにより、お客様のデータを大切にお預かりします。


<エンドースメントご紹介>
今回の発表にあたり、ニフティ株式会社様からエンドースメントを頂戴いたしましたので、ここにご紹介させて頂きます。

ニフティ株式会社は、株式会社ネオジャパンの『desknet'sバックアップサービス』の提供開始を心より歓迎いたします。
グループウェア市場で多大な実績を持つ株式会社ネオジャパンが、「desknet's」の新たなバックアップサービスを始めることは、国内企業に向けて、クラウドの世界をより身近なものにする有効な施策であると期待しています。
本サービスは、ニフティが提供する容量無制限で自由自在に伸縮できるクラウドストレージサービスを利用することにより、安定的かつリーズナブルな提供を実現しています。
企業において日々増大するデータ容量への対応のため、クラウドストレージは、ますますその必要性が高まると予想されます。
今後もニフティは、クラウド分野において株式会社ネオジャパンとの協業体制をより一層強化し、企業の課題解決を支援していきます。

@Press

トピックスRSS

ランキング