速読のトレーニングが無料でできるサイト「速トレ」を公開!

@Press / 2012年6月8日 11時0分

「不可能なことを可能に」をコンセプトにソフトウェア開発・販売事業を展開する株式会社インターナル(本社:神奈川県横浜市、代表取締役:石田 渉、以下 インターナル)は、読書速度を大幅にアップさせる「速読」をマスターするためのトレーニングができ、速読に関する豆知識を紹介したサイト「速トレ」を公開致しましたので、下記の通りお知らせ致します。

「速トレ」URL: http://www.sokudoku.org/


1. 背景・趣旨

 本を読む速度を速くする「速読」は、情報革命により沢山の情報を扱わなければならなくなった現代人にとって必須の技能です。速読を身につければ、本だけでなく仕事の書類やインターネット上の情報なども素早く読んで理解することができ、時間を節約しつつ多くの知識を吸収することができます。

 速読には様々な流派があり、教室も乱立していますが、その中でも日本語向けの速読として定評があるのが、医学博士 斉藤 英治先生が提唱する「斉藤式第四世代速読術」です。「速トレ」では、この斉藤式のメソッドに基づいた速読のトレーニングを、誰でも手軽に楽しめるFlashゲームの形式で無料で行えるようにしたサイトです。


2. サービス概要

 「速トレ」のコンテンツは、大きく分けてFlashゲーム形式の速読トレーニングと、速読に関する知識を網羅した速読コラムがあります。

 まず速読トレーニングですが、「速トレ」では現在、速読に必要な目の動きをマスターするための下記6種類の速読トレーニングをご利用いただけます。

★周辺視野拡大トレーニング

表示された4×4~6×6の数字を1から順にクリックしていくトレーニングです。
広範囲に表示された文字を見るための広い視野が鍛えられます。

★瞬間視力トレーニング

一瞬表示された数枚のカードを記憶して、同じカードを当てるトレーニングです。
見た内容を瞬時に記憶する力が鍛えられます。

★分散文字把握トレーニング

散らばって表示された複数の数字の中で一番小さな数字を答えるトレーニングです。
広範囲に分散している情報を整理して把握する力が鍛えられます。

★画像瞬間記憶トレーニング

3×2もしくは3×3のマスに数秒間表示された記号を全て答えるトレーニングです。
複数の内容を同時に認識し、記憶する力が鍛えられます。

★イメージ連鎖記憶トレーニング

連続して表示される言葉を、その順番通りに回答するトレーニングです。
言葉をイメージして結び付け、読んだ本の内容を記憶に残しやすくなります。

★木を見て森を見るトレーニング

表示された部分数字と数字の集合で表現された全体数字を両方とも答えるトレーニングです。
ミクロとマクロの内容を同時に認識する力が鍛えられます。


 もう一つのコンテンツである速読コラムの方では、速読の原理や効果、日本における速読の歴史、お勧めの速読本やソフトなど、速読に関する幅広い知識を提供しています。こちらを読むことで速読に関する正しい知識を身につけて、速読を実践することができるようになります。


■「速トレ」詳細

サイト名   :速読トレーニング無料サイト速トレ | 速読スクールの訓練をネットで!
対応ブラウザ : Internet Explorer、Google Chrome、Firefox等
利用料金   : 無料(一部コンテンツの利用に無料会員登録が必要)
サービス開始日: 2012年6月1日
サービス提供者: 株式会社インターナル
URL      : http://www.sokudoku.org/


<関連商品>

速読を学べる本
医学博士 斉藤 英治先生著「世界一わかりやすい速読の教科書」
http://www.sinkan.jp/special/interview/bestsellers15.html

速読トレーニングソフト
http://www.internal.co.jp/products/training/sokudoku/about/


■株式会社インターナル 会社概要

(1)商号    : 株式会社インターナル
(2)代表者   : 代表取締役 石田 渉
(3)会社所在地 : 横浜市西区みなとみらい2-2-1 ランドマークタワー21F
(4)設立年月日 : 1999年6月1日
(5)主な事業内容: 電子計算機用ソフトウェアの開発および販売
         クラウドアプリケーションの開発およびライセンス販売
         ウェブアプリケーションの開発およびライセンス販売
         経営コンサルティング業務
(6)資本金   : 9,930万円
(7)URL     : http://www.internal.co.jp/

@Pressリリース詳細ページ
提供元:@Press

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング