清涼飲料自動販売機 総消費電力量削減を業界あげて推進 2011年39.9%削減(2005年比)を達成 ヒートポンプ式自動販売機の普及などが大きく貢献

@Press / 2012年6月28日 14時0分

清涼飲料自動販売機総消費電力量削減目標に対する進捗状況
 清涼飲料自販機協議会(中央区日本橋、会長:松鷹 恵市、2008年9月に清涼飲料自動販売機関連4団体により設立)では、清涼飲料自動販売機で使用される電力の省エネ化を進める「自主行動計画」を2008年12月に策定致しましたが、この度、当初の計画目標数値を1年前倒しで達成する事が出来ました。

清涼飲料自動販売機 総消費電力量削減目標に対する進捗状況
http://www.atpress.ne.jp/releases/27873/a_1.jpg


■省エネ型最新機種“ヒートポンプ式自動販売機”の普及と
 “屋内自動販売機照明の24時間消灯運転”が功奏

 「ヒートポンプ式自動販売機」は、冷却で発生した熱を外に放出せずホット商品を温めるのに再利用する、効率良く熱を利用する仕組みとなっています。全国で稼働している約250万台の自動販売機の約32%(約80万台)を占めており、その割合は更に高まる事が予想されます。
 また、昨年の震災の影響もあり節電が全国的に取り組まれましたが、当協議会としては屋内自動販売機照明の24時間消灯をかねてより積極的に推進して参りました。その結果、昨年末時点で屋内自動販売機約120万台の約85%(約102万台)が消灯運転を実施しております。
 尚、上記以外でも「ピークカット機能(※1)」や「ゾーンクーリング/ヒーティングシステム(※2)」、「真空断熱材の使用(※3)」、「ヒートポンプ技術の進化」、更には近年、「LED照明やソーラ発電を搭載した自販機」が急拡大するなど、自動販売機は常に進化を遂げております。
 今後も業界をあげて省エネに取り組み、2050年までに全国の自動販売機総消費電力量の60%削減(※4)を目指して取り組みを行って参ります。

※1:夏場7~9月には午前中に商品を冷やし、午後1時から4時の電力需要が高まる時間帯に冷却をストップする機能。
※2:庫内全部ではなく、もうすぐ売れていく商品だけを冷やしたり温めたりすることで電力消費量を減らすシステム。
※3:ウレタンなどを真空パックし金属フィルムなどで覆ったもの。一度ためた熱や冷気を逃さないよう、断熱を強化しています。
※4:2005年の年間総消費電力量を基準に目標値を設定。
   (清涼飲料自動販売機は省エネ法の特定機器に指定されており、省エネ法特定機器の目標年と合わせております。)


■自主行動計画について
 清涼飲料自販機協議会が策定した、清涼飲料自動販売機本体と運用の両面から年間総消費電力量の削減を推進し、2050年までに総消費電力量の60%削減(2005年比)を目指す計画です。計画は短期・中期・長期、それぞれに目標を定めています。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング