1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

芝浦工業大学の魅力について若者研究の原田曜平氏と学生が考えるワークショップを実施

@Press / 2021年10月5日 10時0分

芝浦工業大学ブランディングワークショップ
芝浦工業大学(東京都港区/学長:山田純)は、広報アドバイザーの原田曜平氏指導のもと、「芝浦工業大学の魅力」と「SNSにおける発信方法」について、学生たちにディスカッションしてもらうワークショップを2日間実施しました。
芝浦工業大学の在学生6人と次世代生活研究所所属の他大学学生10人が話し合うことで、学内から見た魅力と学外から見た魅力の違いを発見することができました。在学生からは「就職に強い大学」という意見が多く出ましたが、豊富なプログラム開設による「海外留学への行きやすさ」や、部活・サークル加入率が67%(2019年度実績)と高いことから「タテヨコの繋がり」など、学外から見た魅力が再発見されました。若者から見た大学の魅力や、若者が求めるSNS発信方法をヒントに芝浦工業大学は情報発信に取り組んでいきます。


■芝浦工業大学ブランディングワークショップ 動画紹介

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/278834/LL_img_278834_1.png
芝浦工業大学ブランディングワークショップ

画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/278834/LL_img_278834_2.png
YouTube QRコード

https://youtu.be/rE12pzeF68s

2021年8月、12時間にわたって行われたブランディングワークショップの様子を、参加した在学生6人に振り返ってもらいました。他大学に在学中の学生10人と話し合うことで、外から見た「芝浦工業大学の魅力」に気付かされました。また、自分の意見を伝えることの大変さと楽しさに気付いた様子をご覧ください。


■芝浦工業大学広報アドバイザー 原田曜平氏
画像3: https://www.atpress.ne.jp/releases/278834/LL_img_278834_3.jpg
原田曜平氏

原田曜平(はらだ ようへい)
1977年4月4日生まれ 44歳 東京都出身

慶應義塾大学商学部卒業後、株式会社博報堂に入社し、博報堂生活総合研究所、研究開発局を経て博報堂ブランドデザイン若者研究所リーダーを務める。退社後、2018年12月よりマーケティングアナリストとして活動。
若者研究とメディア研究を中心に、次世代に関わる様々な研究を実施。実際の若者たちと広告・プロモーション開発までを担う。
2003年度JAAA広告賞・新人部門賞を受賞。
著書に『ヤンキー経済』『さとり世代』ほか。TBS「ひるおび!」隔週金曜日、CX「Live News イット!」、CX「ホンマでっか!?TV」、NTV「真相報道バンキシャ!」等、多数のメディアに出演。


■芝浦工業大学とは
工学部/システム理工学部/デザイン工学部/建築学部/大学院理工学研究科
https://www.shibaura-it.ac.jp/

日本屈指の海外学生派遣数を誇るグローバル教育と、多くの学生が参画する産学連携の研究活動が特長の理工系大学です。東京都とさいたま市に3つのキャンパス(芝浦、豊洲、大宮)、4学部1研究科を有し、約9千人の学生と約300人の専任教員が所属。創立100周年を迎える2027年にはアジア工科系大学トップ10を目指し、教育・研究・社会貢献に取り組んでいます。


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

【関連画像】

YouTube QRコード 原田曜平氏

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング