1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

「CEATEC 2021 ONLINE」出展のご案内

@Press / 2021年10月5日 14時30分

メイン画像
京セラ株式会社(代表取締役社長:谷本 秀夫)は、本年10月19日(火)~22日(金)の4日間、オンラインにて開催される「CEATEC 2021 ONLINE」に出展します。
本展示会では、Society 5.0の実現に向けたあらゆるソリューションや製品、テクノロジーが多数オンライン上で披露されます。
当社は、" ROAD TO SMART CITY アイデアと技術で豊かな街づくりを"をテーマに、スマートシティに貢献する京セラグループの最新技術や製品、ソリューションを出展します。地域や企業との共創の取り組み事例を動画や対談などを通して紹介します。
画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/279032/img_279032_1.png
■「CEATEC 2021 ONLINE」開催概要
表1: https://www.atpress.ne.jp/releases/279032/table_279032_1.jpg

京セラCEATEC 2021のスペシャルサイト( https://www.kyocera.co.jp/ceatec/)もあわせてご覧ください。(※10月5日(火)以降、順次公開)


■ 京セラの主な出展内容 (予定)
持続的に発展していくための豊かな街づくりに向けて、それぞれの地域が直面する社会課題の解決に貢献する、最新技術、製品、ソリューションを紹介いたします。
主な出展内容は以下の通りです。

(1)エナジーハーベスト型スマートブイ
画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/279032/img_279032_2.png
京セラのIoT技術と、長崎大学の潮流発電技術の融合により実現した「エナジーハーベスト型スマートブイ」。
データ取得・通信に必要な電力を、海洋ブイに搭載した潮流発電システムで賄うため電源供給の必要がなく、海上においても、長期間安定したデータ取得が可能となり、海の見える化に貢献します。



(2)無人自動配送ロボットによるロボットシェアリング型配送サービス
画像3: https://www.atpress.ne.jp/releases/279032/img_279032_3.jpg
地域内の事業者でシェアリングする無人自動配送ロボットが、小売店商品や企業間輸送貨物などを配送する実証実験を、北海道石狩市の公道で実施しました。
「遠隔非接触」配送の実現と、地域生活者の利便性向上、地域の輸送要員不足という課題解決に貢献します。

(3)スマート無人レジシステム
画像4: https://www.atpress.ne.jp/releases/279032/img_279032_4.jpg
当社独自の物体AI認識技術を搭載した、画像認識型の無人レジシステム。1台のカメラで重なった商品や果物など、複数の個体認識が可能です。AI学習により、新規商品登録時の時間も削減でき、また、カメラ1台とPC、ディスプレイを設置するだけで利用できるため、導入コストの低減も実現しました。
店舗での省人化やコロナによる対人接触機会削減に貢献します。


(4)沖永良部島における離島マイクログリッドシステム
画像5: https://www.atpress.ne.jp/releases/279032/img_279032_5.jpg
大規模発電所の電力供給に頼らず、再生可能エネルギーを主力電源とし、蓄電池やEMS(エネルギーマネジメントシステム)などを導入して島での脱炭素化や災害時の電力供給を目指す、鹿児島県沖永良部島でのマイクログリッド構築事業について紹介。再生可能エネルギーの地産地消、地域のレジリエンス強化、脱炭素化の実現に貢献します。

(5)スマートファクトリーに貢献するローカル5Gシステム
画像6: https://www.atpress.ne.jp/releases/279032/img_279032_6.png
4.7GHz(サブ6)スタンドアローン方式に対応し、小型・軽量設計によるコンパクトシステムとなる当社のローカル5Gシステム。製造現場の課題解決のためのスマートファクトリー実現に貢献します。



(6)自動運転バス
画像7: https://www.atpress.ne.jp/releases/279032/img_279032_7.png
生活圏の地方分散化や高齢化が進む地域における公共交通課題に向け、実用化が期待される自動運転バス。
京セラでは小型EVバスに、自動運転に不可欠なステレオカメラやミリ波レーダーなどの各種センサ、および先進モビリティ社と共同で開発する車両制御ECUを搭載した、自動運転バスの実証実験を紹介します。

(7)GaN製次世代レーザー
画像8: https://www.atpress.ne.jp/releases/279032/img_279032_8.jpg
GaN(窒化ガリウム)基板を用いた高輝度・高効率なレーザー。次世代通信として期待されている、GaN製レーザーを活用した超高速無線通信Li-Fi向けのソリューションを紹介します。




詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

【関連画像】

スマートブイ 自動配送ロボット 無人レジシステム

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング