『業界初のLEDを発売、消費電力を3分の1まで削減』~FHT / FDLタイプのコンパクト蛍光灯を置き換えるLEDライト登場~

@Press / 2012年6月12日 10時0分

カードプリンタ・セキュリティシステム・LED照明等を販売する幸和システム販売株式会社(本社:東京都江東区、代表取締役:松井 守、以下 KOWA)は既存のFHT / FDLタイプのコンパクト蛍光灯を置き換える業界初のLEDライトを2012年6月15日より発売します。


今回発売する『FHT / FDL型LEDライト』は株式会社コタック(本社:神奈川県茅ケ崎市、代表取締役社長:尾坂 久夫、以下 COTAC)が開発した、実用新案申請中のLEDで消費電力を従来の蛍光灯の最大約3分の1まで削減し、器具を取り換えることなく取り付けが可能でライト交換の手間とコストを大幅に削減します。同時にビーム球 / レフ球を置き換えるLEDライト、水銀灯置換用LEDハイベイランプの2機種も同時発売します。

KOWAではLED照明のターゲット市場を従来のオフィス関連に限らず、外食チェーン、病院、クリニック、医療機器、自販機などの分野へも事業展開しており、ユーザからの要望に合わせたカスタマイズにもCOTACと共同で積極的に取り組んでおります。特に医療機器の分野では照明ランプに蛍光灯などが多く使用されていますが、今後節電意識の高まりや長寿命の要求からLEDへの置き換えが進むと予測されます。その場合、LEDに要求されるノイズや電磁波対策済の製品を提供していきます。また建築設計事務所などともタイアップしており、設計の段階からLED照明の提案を行っていくことで最適な照明環境が構築でき工事期間も短縮する事が可能となっております。


■『FHT / FDL型LEDライト』
http://www.kowasystem.com/kowa-home2/ledlrc/fhtfdl_led/
従来のダウンライトなどに多く使用されるFHT / FDLタイプのコンパクト蛍光灯を本製品に置き換えることで消費電力を最大約3分の1まで削減することが可能になります。これまでの同タイプの口金の蛍光灯をLEDライトに交換するには、既存器具も同時に交換する必要がありました。本製品は既存器具をそのままで通常の蛍光灯ランプを交換するように手軽にLEDライトに交換することができます。


■『レフ球型LEDライト』
http://www.kowasystem.com/kowa-home2/ledlrc/ref_led/
看板などに使用されているビーム球 / レフ球を置き換えが可能で、経費を最大約10分の1まで削減します。工事は不要で既存口金をそのまま利用できます。消費電力は室内用13Wと屋外の防水型16Wで電源は内蔵。看板などは高い所に設置されている場合が多く、ライト交換のコストと手間を大幅に削減する事が出来ます。またLEDにすることで虫が寄りつきにくく看板等を清潔に保ち、清掃の手間を省きます。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング