【新刊】『スコアが伸びる! ゴルファーのためのボディメイク』~飛距離が伸びる! アプローチが安定する! パットも決まる!~

@Press / 2012年6月15日 9時30分

ゴルファー表紙
 株式会社マキノ出版はこのたび、新刊『スコアが伸びる! ゴルファーのためのボディメイク』が刊行の運びとなりましたので、お知らせ致します。


 かつては「お金持ちのスポーツ」というイメージの強かったゴルフですが、最近ではプレーにかかる料金も安くなり、若者や女性にも愛好家が急増しています。書店にはさまざまなゴルフの解説書が山積みされていますが、それらのほとんどはスイング理論をはじめとした技術の解説に終始しています。それではゴルフが上達するわけがありません。

 本書は、プロ野球界に初めてコンディショニングの概念を定着させた著者が、ゴルフのためのボディメイク(体づくり)の方法をわかりやすく紹介した画期的なトレーニング本です。本書では、ゴルフの上達を左右する「股関節」「体幹」「肩甲骨」「肩のインナーマッスル」「リスト」「拇指球」のトレーニング法を著者自らがモデルとなって写真で公開。トレーニングといっても、どれも簡単で楽しく実行できるものばかりを集めています。

 併せて、18ホールを回る体力をつけるための「全身トレーニング」や、手のすいたときに行える「マイペーストレーニング」、トレーニングの前後に行う「ストレッチ」も紹介。誰もがゴルフ用の体を手に入れることのできる一冊と言えるでしょう。


【本書の構成】
第1章 ゴルフをもっと楽しむために
第2章 ゴルフにはゴルフ用の体が必要
第3章 ゴルファーのためのボディメイク
第4章 体が変わってスコアが伸びた! 体験者のレポート


【著者略歴】
立花 龍司(たちばな・りゅうじ)
1964年、大阪府生まれ。大阪商業大学経済学部卒業後、天理大学体育学部でスポーツ医学を専攻。89年、近鉄バファローズにコンディショニングコーチとして入団。94~96年、千葉ロッテマリーンズのコンディショニングコーチをへて、97年1月に日本人初のメジャーリーグコーチとしてニューヨーク・メッツと契約。98~00年、千葉ロッテマリーンズと再契約。01年より阪堺病院SCA(ストレングス&コンディショニングアカデミー)での活動を開始。05年、東北楽天ゴールデンイーグルスのコンディショニング・ディレクターに就任。07年、千葉ロッテマリーンズのヘッドコンディショニングコーチに就任。08年、筑波大学大学院体育専門学群スポーツ医学修士課程修了。10年、自身が主催するコンディショニングジム「TACHIRYU CONDITIONING GYM」をオープン。現在、講演・各メディア出演により、野球を中心とした幅広い層に対しコンディショニングの重要性に関する普及活動を行っている。また、インターネット上で有料のトレーニング講座( http://n-academy.jp/training/ )も開講している。


【書籍概要】
書名 :『スコアが伸びる! ゴルファーのためのボディメイク』
著者 :立花 龍司(コンディショニングコーチ)
体裁 :A5判・並製・152ページ
定価 :1,400円(税込)
発行日:平成24年6月15日
発行所:株式会社マキノ出版( http://www.makino-g.jp/ )
    〒113-8560 東京都文京区湯島2-31-8
ご注文:03-3815-2981(販売部)

@Pressリリース詳細ページ
提供元:@Press

@Press

トピックスRSS

ランキング