日本だと6割、世界だと7割以上が、SNS利用を重視すると回答 世界19か国を対象とした、SNSに関する実態調査を実施 ~スペシャリスト人材紹介会社ロバート・ウォルターズ調べ~

@Press / 2012年6月14日 11時0分

スペシャリスト人材紹介会社のロバート・ウォルターズ・ジャパン株式会社(日本オフィス:東京渋谷区、代表取締役社長:デイビッド・スワン)は、同社のグローバルWebサイトで実施しているオンライン調査の最新調査結果を発表しました。同調査は、同社のウェブサイトから毎月集計され、求職活動、キャリアパス、キャリアゴールに関するプロフェッショナルの意識を問うアンケート調査です。


■調査内容
<質問>
採用企業側がSNSサイト上であなたの詳細情報を調査する可能性を考えた際、ご自身の情報をSNSサイト上に掲載する事について、重要視していますか。

<結果>
調査結果によると、全回答者(世界19か国)の過半数である約69%(24,480人)が、オンライン上で自身の情報を掲載し続けることを重要だと感じていました。調査対象を日本に限定した場合、同比率は過半数を超えるものの、59%という結果にとどまりました。
また、「重要とは思わない」との回答は全体の20.4%(7,200人)、そして「どちらとも思わない」との回答は10.2%(3,600人)でした。


デジタル時代の到来を受けて、人材を採用する企業側にとっては、SNSを通じ将来性のある求職者の発掘や検索機能を利用した求職者の経歴チェックなどが容易に行えるようになっています。それ故に、FacebookやLinkedInなどのSNSを頻繁に利用している求職者は好印象を与える事のできる情報を掲載する事が重要と言えます。


【オンライン上の情報を有効に活用する5つのポイント】
(1) ビジネス用のEメールアドレスを使用する
ビジネス用のEメールアドレスを設定し、就職を希望する企業への連絡においてはビジネス用Eメールアドレスを使用すると、企業へいい印象を与えます。企業の採用担当者は、履歴書がいかに立派な内容であっても、プロフェッショナルと認識されないEメールアドレスから送信されたメールを採用検討の対象とみなさないかもしれません。

(2) SNS上に掲載する写真や動画そしてメッセージの内容には注意を払う
企業採用担当者には見られたくないようなコンテンツがサイトに掲載されている場合は、掲載した友人に削除を依頼して下さい。

(3) 投稿する時間、頻度には注意する
一般に業務時間内と考えられている時間帯にサイトの内容が定期的に更新されている場合、あなたの労働意識について誤った印象を与えることになりかねません。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング