「Android Market」構築支援サービスについて

@Press / 2012年6月19日 10時0分

Camangi Japan株式会社(所在地:東京都千代田区神田、資本金:3,300万円、代表取締役:宍戸 一弥)は、特定ユーザー向けに独自のセキュアな「Android Market」の構築を検討している企業を対象に低コストで且つ短期間にシステムが構築できる「Android Market」構築支援サービスを7月より開始します。


■「Android Market」構築支援サービスとは
「Android Market」構築支援サービスは、独自の「Android Market」の構築を検討している企業を対象にCamangi Japanが提供する「Camangi Market」のソフトウェアライセンスの提供をベースとしたシステム構築に関わるサービスです。
企業はこの構築支援サービスを受けることにより低コストで且つ短時間に独自の「Android Market」を構築することができます。企業独自の「Android Market」を構築することで、企業は社員や会員などへ配布したAndroid端末へのアプリ、コンテンツなどをクローズドな形態(セキュアな状態)で配信し管理することができます。また、この企業独自の「Android Market」は企業と開発者間の「Android アプリの開発プラットフォーム」やAndroid端末向けの「サイネージサービスのプラットフォーム」などとしても活用することができます。

*「Camangi Market」は、2009年よりCamangi本社(台湾)がワールドワイド(日本語、英語、中国語対応)で運営しているAndroid Tablet向け(6~10インチ対象)の「Android Market」です。現在の登録ユーザー数は10万+、登録アプリ1万+で、日々この登録ユーザー数、登録アプリ数は増加しています。ユーザー情報の登録機能、開発者の登録機能、有料アプリの課金システム、ユーザーからのアクセス分析ツールなどの管理機能を備えています。詳細については、下記URLをご覧ください。
http://www.camangimarket.com/index_jp.html

*「Camangi Market」は既に日本、台湾、ヨーロッパなどで発売されている複数のAndroid Tabletにプレインストールされています。また最近では台湾の大手ベンダーの「Internet TVのプラットフォーム」としても採用されました。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング