“E-comのYoutube語学番組が視聴者数100万突破”スマートフォン閲覧者急増に伴い、視聴コンテンツを強化開始

@Press / 2012年6月19日 9時30分

当校ビデオ小コンテンツ視聴端末割合変化
日本初のスカイプオンライン英会話学校を開始し、現在ネット上で、英語、中国語など20カ国語のオンライン語学学習サービスを提供している株式会社イーコミュニケーション(本社:東京都新宿区、代表:成田 勝行)は、Youtube上で配信している自社のビデオ学習コンテンツの総視聴数が6月15日時点で100万回を突破いたしました。アクセス解析からスマートフォン閲覧者が急増していることが分かり、今後はスマートフォン視聴向けを意識したコンテンツにも力を入れていきます。


【詳細】
弊社では2009年より、自社で保有する数千本の語学学習ビデオコンテンツをYoutube上へ積極的に配信しており、その配信チャンネルは、

・英語   ( http://www.youtube.com/user/ecomenglish )
・中国語  ( http://www.youtube.com/user/ecomchinese )
・フランス語( http://www.youtube.com/user/ecomfrench )
・スペイン語( http://www.youtube.com/user/ecomspanish )
・ドイツ語 ( http://www.youtube.com/user/ecomgerman )
・ロシア語 ( http://www.youtube.com/user/ecomrussian )
・韓国語  ( http://www.youtube.com/user/ecomhangul )
などがあります。

今回、当社の提供コンテンツが、語学学習者の間で人気を博し、総合計100万視聴を達成いたしました。そしてユーチューブ アナリティクスにより、その100万視聴を分析したところ、スマートフォンで視聴をする割合が急激に増えてきており、今年上半期だけで全体の20%にも上りました。今後はこうしたスマートフォン視聴者を意識した番組作りのため、“短時間完結”“冒頭に結論をみせわかりやすくする”などの演出にこだわった番組を作っていきます。そして今後1-2年を目処に、TVのNHK語学番組に代わる、ネット上で視聴できる最も影響力の強い語学学習番組に成長させていくよう、コンテンツの充実に努めて参ります。


【株式会社イーコミュニケーションについて】
http://www.e-cominc.co.jp
アナログな業界の一つといわれる教育業界において、“一歩先行く、新しいEラーニングを世の中に提案。”を社是として、2005年2月設立。同年3月日本初となるスカイプを使ったオンライン英会話サービス「E-com英語ネット」を開始。現在、中国語、フランス語、ドイツ語など20カ国語以上の言語レッスンを提供し、業界No.1のオンライン語学サービス事業者となっている。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング