太陽セメント工業、メガソーラー7月1日売電開始 

@Press / 2012年6月20日 9時30分

第1発電所 鳥瞰
コンクリートブロックメーカーの太陽セメント工業株式会社(本社:大阪市福島区、代表取締役:石井 克侑)は、子会社である株式会社エコブロックス(同所在、同社長)、太陽サーブ株式会社(同所在、同社長)と共に、兵庫県内にメガソーラー発電所(定格容量 3.5メガワット:第1発電所2メガワット、第2発電所1.5メガワット)を建設し、「再生可能エネルギーの固定価格買取制度」がスタートする7月1日に朝8時より現地発電所にて発電式を行い売電を開始することとなりました。


【太陽エコブロックス兵庫発電所について】
太陽エコブロックス兵庫発電所は、「再生可能エネルギーの固定価格買取制度」実施の7月1日時点で操業を開始する太陽光発電所の中では最大規模となり、第1発電所は年間250万kwhの発電量となる予定。(第2発電所は190万kwh 9月操業予定)
本発電所では、同社グループが開発した“HRMソーラー架台システム”という特殊なコンクリートブロックを使う施工方法により、定格容量よりも実質発電量を重視した設計手法を取り入れております。“HRMソーラー架台システム”では、実質売電収入アップにより、投資利回りをより高くすることも可能です。
最近では初期投資費用の圧縮を目的に、実際の発電効率が軽視され実質の発電効率が落ちている設計が時折見られます。実際の運用面においてはイニシャル・ランニングを含めコストバランスの適正さを見極めることが重要となります。ごく一部を紹介すると、パネルの性能をフルに引き出す角度調整も安価で容易に可能となったり、頑丈なコンクリート工法なので杭工法や鋼材工法に比べローコストで耐久性が保てます。また、積雪地域などの急角度設計も鋼材工法に比べ大幅なコストダウンが可能です。

≪太陽エコブロックス兵庫第一 第二発電所 計画概要≫
・設置場所
第1発電所:兵庫県加東市高岡字道池北399
第2発電所:兵庫県加西市繁昌町平池尻乙183

・発電容量
第1発電所:1,999.3kW (2MW)
第2発電所:1,502.85kW (1.5MW)
※第2発電所と併せて合計 3.5MW

・パネル枚数
第1発電所:9,299枚
第2発電所:6,990枚
国内製

・年間発電量
第1発電所:2,500MWh
第2発電所:1,900MWh
※一般家庭 1,000世帯年間消費電力に相当

・完成予定
第1発電所:2012年7月
第2発電所:2012年9月


<会社概要>
会社名  : 株式会社エコブロックス
代表   : 代表取締役 石井 克侑
本社所在地: 〒553-0006 大阪府大阪市福島区吉野4-22-9
設立   : 2006年4月1日
主な事業 : コンクリート2次製品の企画・開発
URL    : http://www.ecobloxx.com/

会社名  : 太陽サーブ株式会社
代表   : 代表取締役 石井 克侑
本社所在地: 〒553-0006 大阪府大阪市福島区吉野4-22-9
設立   : 1978年4月1日
主な事業 : コンクリート2次製品の企画・開発
URL    : http://www.taiyo-surv.com/

会社名  : 太陽セメント工業株式会社
代表   : 代表取締役 石井 克侑
本社所在地: 〒553-0006 大阪府大阪市福島区吉野4-22-9
創業   : 1946年11月1日
主な事業 : コンクリート2次製品の製造・販売
URL    : http://www.taiyo-cement.co.jp/

@Pressリリース詳細ページ
提供元:@Press

@Press

トピックスRSS

ランキング