1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

ライフサイエンス系の求人が昨対比33%増 ミドル・管理職・スペシャリスト採用マーケット動向 2021年7月~9月

@Press / 2021年10月21日 12時0分

グラフ
[2021年10月21日 東京]
人材紹介事業を展開する業界大手の株式会社ジェイ エイ シー リクルートメント(代表取締役社長:松園 健)は、この度、2021年第3四半期のミドル・管理職・スペシャリスト人材の採用マーケット(※)動向を纏めましたので、お知らせいたします。
(※)日本国内の年収下限600万円以上の求人が対象


●ライフサイエンス系専門職は前年同期比33%増と大幅な伸び。コロナ前の2019年同期比でも25%増
同職種においては特に開発・供給関連の求人ニーズが高い
●人事労務系専門職は、専門職ポジションが多い欧米系の外資系企業の回復を受けて前年同期比31%増に
●バックオフィス系の専門職は比較的低迷が続き、法務知財系は20%減とコロナ前の水準を下回る結果に


2021年7~9月の求人動向は、2020年4月から8月まで続いた欧米系外資系企業の求人低調からの反動を受け大多数の職種において前年同期比で大きく回復しました。各企業は積極的な採用姿勢を見せていることから、次の成長基盤を整える姿勢であることがうかがえます。

【2021年7月~9月 職種別新規求人数の増減】(2020年7月~9月期比)

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/281529/LL_img_281529_1.jpg
グラフ

●ライフサイエンス系専門職(医薬品・医療機器):33%増
同職種は景気変動やコロナ禍の影響を受けにくく、高い専門性を持つ人材ニーズは継続的に増加傾向となり、前年同期比で33%増、コロナ前の2019年の同期比でも25%増と高いニーズを維持しています。中でも、社会的な新種の医薬品への需要増の影響を受け、創薬、臨床開発、薬事、販売後調査といった開発~市場への展開に携わる人材ニーズが堅調に増えています。(同職種には医療施設勤務の医師・看護師などの医療施設系の求人は含んでおりません)
(求人の平均年収:805万円~1,180万円)

●人事・労務系専門職:31%増
前年同期(2020年7~9月期)は人事労務系のポジションの求人の回復が鈍く、その反動もあり大幅に増加しました。
専門性の高いポジションの求人を外部に出す傾向が強い外資系では前年同期(2020年7~9月)に海外本国のコロナ禍の影響を受け求人が低迷したことにより、その反動を受けた影響により求人が増加しました。求人の内訳は主に外資系企業に多いHRBP(HR Business Partner:人事観点と事業観点の両面で事業成長を支援する部門)、さらに人事制度設計、組織開発、研修などのポジションの求人が新型コロナ前の水準まで戻りました。
(求人の平均年収:791万円~1,135万円)

●マーケティング系専門職:30%増
同職種の求人はコロナ前の2019年の同時期と同等の水準まで回復しました。この背景には、プロダクトマネージャー、ブランドマネージャー、PRといった、マーケティング系の専門職種を外部から高給で採用する傾向のある外資系で採用意欲が回復したこと、ライフサイエンス系のプロダクトマネジメント等のマーケティング関連職種がコロナ前を超えて伸びていることなどがあります。
(求人の平均年収:841万円~1,235万円)

●建築・土木分野系専門職:11%減
特に建築分野においては、既にコロナ後の求人の回復が一巡したことに増加まで至らず、前年同期比でも11%減と新規求人数はやや低下しました。ただし、専門技術者の高齢化と再生可能エネルギー開発・保守などの長期傾向により求人需要トレンドは根強い分野です。
(求人の平均年収:676万円~977万円)

●法務・知財系専門職:20%減
守りのポジションであるバックオフィスの専門職全般の数字が低めである中で、主に特許、商標などの知財系のポジションの低迷により新規求人数が減少しました。また、知財のポジションに関しては事業や技術の理解がある社内の人材が配置されるケースが多いことも求人数減少の理由として挙げられます。
(求人の平均年収:832万円~1,232万円)


■解説者プロフィール■

画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/281529/LL_img_281529_2.jpg
黒澤 敏浩

ジェイ エイ シー リクルートメント プリンシパルアナリスト 黒澤 敏浩
グローバルホワイトカラー中途採用マーケット分析の第一人者。JAC Group各国から集計したグローバルな中途採用関連データに基づく分析を行っている。リクルートメントコンサルタントを経て人事・事業企画などを担当し、現職。(般社)人材サービス産業協議会「外部労働市場における賃金相場情報の提供に関する研究会」委員。早稲田大学トランスナショナルHRM研究所招聘研究員。日本証券アナリスト協会認定アナリスト(CMA)。日本人材マネジメント協会執行役員(リサーチプロジェクト担当)。ISO30414(人的資本報告ガイドライン)プロフェッショナル。


■株式会社ジェイ エイ シー リクルートメント
1988年設立。人材紹介専業では国内最大の東証一部上場企業であり、人材と企業を一人のコンサルタントが同時に担当する「両面型」スタイルの人材紹介会社としては国内最大の規模です。国際ビジネス経験をもつ人材の紹介を強みとしており、外資系企業、日系企業の海外事業を中心とするグローバル領域の売上が全体の50%以上を占めています。海外における人材採用については、英国・ドイツおよびアジア8ヵ国の拠点でサポートしています。より詳しい情報は、以下ホームページをご参照ください。

[URL] http://corp.jac-recruitment.jp (コーポレートサイト)
http://www.jac-recruitment.jp (転職サイト)


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

【関連画像】

黒澤 敏浩

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング