エヌデーデー、三井記念病院向けに未収金管理システムをリリース

@Press / 2012年6月26日 9時30分

株式会社エヌデーデー(本社:東京都中野区、代表取締役:塚田 英貴)は、社会福祉法人三井記念病院(所在地:東京都千代田区、院長:高本 眞一)と共同で開発した未収金管理システムを6月15日、同病院においてリリースしました。

本製品の紹介ページ
http://www.nddhq.co.jp/original_medical/medical_N-ACS.html


エヌデーデーは、同社が持つ未収金回収におけるシステム化ノウハウと、三井記念病院の回収業務ノウハウを融合。従来ある未収金管理システムは、督促状発行などが中心でしたが、当システムでは担当者の「仕事の管理」や未収金の「決算処理」への連携がメインとなっています。また、未収金の「債権分類」や「アラート機能」により、回収を専門としない担当者でも、システム自体が仕事を指示するため、効率的な業務推進をサポートします。


【開発の背景】
三井記念病院は未収金管理に関して最前線にいる医療機関であり、その取組みは、医療機関の専門誌でも取り上げられています。さらには、他病院へも、そのノウハウの提供を積極的に推進している病院です。しかしながら、「管理者の業務負担増」「実務担当者の教育・指導」「情報の集約」などの課題を抱えていました。
そこで、未収金管理のシステム化について検討を図り、既存の他社システムの研究、比較の結果、エヌデーデーとの共同開発に至りました。

エヌデーデーは、病院経営における未収金問題がクローズアップされていることを背景に、未収金管理システムを、パッケージ製品『N-ACS(ナックス)』として、今秋より販売開始します。


【未収金管理システム『N-ACS(ナックス)』の特徴】
1) 仕事の自動生成
やるべき仕事を自動生成。システムにログインすると「今日の仕事」が表示され、翌日以降には「やり忘れの仕事」として表示される。そのため、督促業務の漏れがなくなる。

2) 督促業務の自動化
時期と状況に応じた督促状を自動発行。また、架電の際に必要な交渉内容が画面上に表示される。

3) 管理者機能
管理者は、担当者別の回収状況をビジュアルに把握することができ、コメントによる指示や、担当者の仕事の作成ができる。

4) アラート機能、債権の自動分類機能
過去の受診履歴、入金実績等の統計情報によりアラートを表示。また、未収金の債権分類ができ、決算帳票を作成できる。

5) 分割シミュレーション
分割払いにも対応。分割条件を入力することで返済額を自動計算し、誓約書を発行できる。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング