ビートコミュニケーション、国内シェアNo1の次世代社内SNS『Beat Shuffle(ビートシャッフル)』の利用状況分析機能が大幅強化

@Press / 2012年6月26日 9時30分

利用状況分析機能の画面イメージ
エンタープライズ向けソーシャルネットワークのリーディングカンパニー株式会社Beat Communication(本社:東京都港区、代表取締役:村井 亮)は、企業内の情報共有やコラボレーションを促進する次世代SNS『Beat Shuffle(ビートシャッフル)』の利用状況分析機能が大幅に強化されたことを発表します。

『Beat Shuffle』製品情報:
http://www.beat.co.jp/contents/product/index.html


【今回のバージョンアップについて】
『Beat Shuffle』は、昨年10月に発売以来、フィーチャーフォンからスマートフォン(iPhone・Android)対応、またユーザインターフェイスの改善から災害時のバックアップ機能、Googleガジェット登録機能などお客様の要望を取り入れソーシャルプラットフォームの基盤強化に努めて参りました。

今回のバージョンアップでは、管理者画面の利用状況分析を大幅に強化しました。これにより運営担当者がプラットフォームの利用状況を容易に把握できるようになりました。社内SNSのようなエンタープライズ・ソーシャルを利用する企業にとって必要な、「社員がどういう情報を持っていて」、「情報がどれくらいやり取りされているのか」さらにその中で「有益な情報が何なのか」といった従来の社内SNSやグループウェアなどのシステムでは把握しにくかった「有用な社内情報の見える化」が可能になりました。また本機能を活用することで、社内コミュニケーションや情報共有のボトルネックとなっている箇所を素早く理解することができます。

■バージョンアップの内容
本機能を利用することで、専門的な知識を持たなくとも運用担当者が簡単な操作で社内SNSの利用状況を把握することができます。自動的に数値化、グラフ化されますので、統計ソフトなど使わずに分析結果だけを確認することができます。

■利用状況分析機能の主な特徴

1. SNS内の利用状況をサマリーで表示
SNSに登録している総ユーザ数、実登録ユーザ、アクティブユーザ、アクティブユーザ率、システムのデータ量を一覧で把握することができます。またキーワード分析によりユーザの関心ある事柄を把握することもできるようになりました。

2. SNS内でやりとりされる情報を機能別に分析可能
SNS内でやり取りされた情報を機能単位で分析することが可能です。どの機能がよく活用され社員の業務遂行に貢献しているかひと目で把握できます。

@Press

トピックスRSS

ランキング