現代版の香り遊び「こども香道」と「はらぺこあおむしのいいにおい」がタイアップし、新しい香り遊びを発表

@Press / 2012年7月23日 11時0分

ロゴマーク
株式会社sanbongawa(本社:東京都三鷹市、代表取締役社長:川崎 雅幸)は、発売中の香り合わせカード玩具BabyPerfumer(ベビーパフューマー)「はらぺこあおむしのいいにおい」の新しい遊び方として、日本に古くからある香道の組香※に着目し、NPO法人「香道と日本の雅文化会」が提唱している「こども香道」とタイアップしました。組香を現代版にアレンジした新しい香りを使った遊び方を、第4回ベビー&キッズEXPO(東京ビッグサイト:7月4~6日開催)にて発表し、ホームページ上にルールや遊び方を公開しました。

※香道:日本に古くからある香りを楽しむ伝統芸道。
 組香:香りを嗅ぎ比べる遊び。

「はらぺこあおむしのいいにおい」×「こども香道」の遊び方
http://www.babyperfumer.com/kodomokodo.html


【「こども香道」とは】
「こども香道」とは、「香りで遊ぶ」という世界でも類をみない日本の文化を、現代版の香り遊びとして子どもたちに広めていくため、新しく生まれたプロジェクトです。身近にある香りを用いて、家庭で・親子で簡単に香り遊びができるように、そして、日本ならではの雅やかな文化を少しでも伝えられるように、新しい遊びを提案していきます。
「こども香道」プロジェクトは、香道家「青海光(おうみひかる)」さん監修のもと、NPO法人「香道と日本の雅文化会」が運営しております。


【遊び方】
「はらぺこあおむしのいいにおい」カードを使い、「こども香道」のコンセプトをもとにし、日本に古くからある香道の組香(くみこう)をモチーフとした、シンプルで奥の深い香り遊びを提案します。日常生活では体験することのない「香りを嗅ぎ比べる」という行為を遊びながらに体験できます。

1.<初級者向け>はらぺこ競虫香(きそいむしこう)
香道では有名な組香のひとつ「競馬香(きそいうまこう)」をモチーフとした香り遊び。
「あおむしチーム」と「ちょうちょチーム」に分かれたチーム戦になります。予めマス目を書いた用紙とコマを用意しておきます(※ホームページ上にも用意してあります)。1人ずつチーム交互に香りを聞き(香りを嗅ぎ)、正解するとコマを進められます。先にゴールしたチームの勝ちです。
(人数:2~10名 / 使うカード枚数:25枚)

2.<中級者向け>果物ジュース香
三種香と呼ばれる香道の組香をアレンジした、オリジナルの香り遊びです。
香元(こうもと:親・ディーラー)が、5種の香りカード25枚の中から3枚のカードを選び、1枚ずつ順々に聞者(もんじゃ:子・プレイヤー)にまわし、聞者は香を聞いて(香りを嗅いで)いきます。聞者は3枚の香りを聞き、香りの組み合わせを記憶しておきます。この遊びは「香りの組み合わせ」と「香りの名前」で正解を答えます。3枚とも別の香りなら「ミックスジュース」、3枚とも同じなら「その果物の名前のジュース」と回答します。
(人数:2~10名 / 使うカード枚数:3枚)

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング