日経BPコンサルティング調べ――「Webブランド調査2012-春夏」(2012年4月実施)より――Webサイトのブランド力

@Press / 2012年6月27日 9時30分

表1
 株式会社日経BPコンサルティング(本社:東京都港区、代表取締役社長:戸田 雅博)は、2012年4月に実施した「Webブランド調査2012-春夏*」の結果をまとめ(表1: http://www.atpress.ne.jp/releases/28246/a_1.jpg )、2012年6月27日に調査結果報告書を発行・発売した。

 「Webブランド調査」は、企業や団体が運営する日本の主要500のWebサイトを調査対象とする。「1.アクセス頻度」や「2.コンバージョン」、「3.サイト・ユーザビリティ」だけでなく、そのWebサイトに価値があるか、リピート意向を持ったか(「4.サイト・ロイヤルティ」)や、Webサイトの閲覧を通して企業イメージが変化したか(「5.態度変容」)、またWebサイトから得た情報からどのような行動を起こしたか(「6.波及効果」)なども評価の対象(個別指数)となる。これら6つの要素をインターネット・ユーザーにたずね、その調査結果からWebサイトの支持・満足度の指標となる「Webブランド指数(WBI)」を算出した。


●サントリー、McDonald's Japanがトップ10に
 Webブランド指数ランキング第1位は119.3ポイントを獲得したYahoo! JAPAN。前回調査(2011年10月)に引き続き首位を守った。第2位は楽天市場(117.4ポイント)、第3位はAmazon.co.jp(116.2ポイント)とネット専業の小売サイトが続く。
 ネット専業企業が上位を占める中、サントリーが78.5ポイントを獲得して第8位にランクイン。第10位には、74.5ポイントのMcDonald's Japanが入った。
 サントリーの個別指数はいずれも60ポイントを超えるが(図1: http://www.atpress.ne.jp/releases/28246/c_3.jpg )、特にコンバージョン指数が高く、88.1ポイントを獲得。回答者の2割近くが3カ月以内にキャンペーンコンテンツを利用したと答えており、消費者に非常に親しまれている企業サイトだ。また、態度変容のスコアも高く、キャンペーン施策が製品や企業への関心を高める効果を発揮しているものと考えられる。McDonald's Japanは誰もが直感的に操作しやすいユーザビリティが高く評価された(図2: http://www.atpress.ne.jp/releases/28246/d_4.jpg )。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング