ブライトコーブが無料のHTML5モバイルアプリプラットフォーム「App Cloud Coreエディション」を発表

@Press / 2012年6月27日 9時30分

ブライトコーブ株式会社(所在地:東京都渋谷区、CEO兼代表取締役社長:橋本 久茂、以下 ブライトコーブ)は、ウェブ開発者がHTML5やJavaScriptを使用してApple iOSおよびGoogle Androidのスマートフォンやタブレットにネイティブアプリを開発、運用できるアプリプラットフォーム、「Brightcove (NASDAQ: BCOV) App Cloud」について、新たに無料版として「App Cloud Core」を発表いたしました。
併せて、動画をHDテレビへストリーミングするiPad/iPhone向けのコンテンツアプリを簡単に開発できる新ソリューション、「Apple TV用 App Cloudデュアルスクリーンソリューション」も公開いたしました。

「Brightcove App Cloud」URL:
http://www.brightcove.com/ja/コンテンツアプリプラットフォーム/
http://goo.gl/Y7x8f

「App Cloud Core」は、オープンソースのソフトウェア開発キット(SDK)のほか、テストやデバッグを行う開発ツールや、クラウドコンパイル、アプリのインストールと利用状況のリアルタイム分析などの強力なクラウドサービスで構成されています。アプリを効率的に開発、運用および管理することができるエンドツーエンドのソリューションです。

◆「App Cloud Core」
≪モバイルアプリのための完全なソリューション≫
インテリジェントなクラウドコンテンツプラットフォームである「App Cloud Core」は、開発者やビジネスユーザによるネイティブアプリの構築と運用を可能にします。「App Cloud Core」に含まれる機能は下記のとおりです。

●iOSおよびAndroidのスマートフォンやタブレットへのアプリをいくつでも公開できます。
●クラウドベースかつマルチプラットフォーム対応で、さまざまなデバイス向けにリッチなネイティブアプリを公開可能です。
●オープンソースのJavaScript SDKとネイティブコンテナにより、ネイティブのデバイスAPIにアクセスできるアプリが構築できます。プラットフォーム特有の言語を学ぶ必要はありません。また、テキスト、音声、動画、画像など、あらゆるデータをサポートするリッチなコンポーネントライブラリをタッチベースのユーザエクスペリエンスで提供できます。
●テストツール「App Cloud Workshop」を使用し、開発者はブラウザでウェブアプリをテストするような感覚で、デバイス上で直接アプリのプレビューやベータテストを簡単に実行できます。
●デバイスでアプリを稼働中に、アプリのデバッグやコードのテストができます。デバイスを振るだけで、App Cloud Workshopのテスト環境をApp Cloudの遠隔デバッグコンソールに接続し、即座に診断し、バグやパフォーマンス上の問題を解決します。
●CMSやブログ、RESTベースのウェブサービスなど、ネット上のコンテンツソースへのアクセスが可能です。また、5つまでのソースについてApp Cloudのコンテンツ最適化サービスを使用できます。
●アプリのインストール数、セッション数、利用時間、セッションの平均時間などを測定するリアルタイム分析があります。

@Press

トピックスRSS

ランキング