利用者9億人のSNSを生んだ天才に学ぶ成功の秘訣とは!?桑原晃弥による『フェイスブックをつくったザッカーバーグの仕事術』を明日6月28日(木)より単行本と電子書籍で同時発売!

@Press / 2012年6月27日 11時0分

株式会社幻冬舎(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:見城 徹)は、6月28日(木)発売の新刊書籍『フェイスブックをつくったザッカーバーグの仕事術』(桑原晃弥・著)を単行本と電子書籍で同時発売いたします。

電子書籍の主な販売書店は、「GALAPAGOS STORE」、「紀伊國屋書店BookWebPlus」、「dマーケット BOOKストア」、「どこでも読書」、「BooksV」、「BookLive!」、「honto」、「Raboo」、「LISMO Book Store」、「Reader(TM)Store」(五十音順)などです。

同書は、サービススタートからわずか8年で世界最大のソーシャルネットワーキングサービスとなった「フェイスブック」を生んだ同社CEOマーク・ザッカーバーグの仕事術と今という時代を生きるヒント、知られざる過去のエピソードなどを収録した一冊です。


【電子書籍 商品情報】
書名     :フェイスブックをつくったザッカーバーグの仕事術
著者     :桑原晃弥
価格     :857円(税抜)
電子書籍発売日:2012年6月28日(単行本発売日と同日)

【単行本 商品情報】
書名 :フェイスブックをつくったザッカーバーグの仕事術
著者 :桑原晃弥
価格 :952円(税抜)
ISBN :978-4-344-02209-6 C0095
発売日:2012年6月28日

【あらすじ】
ザッカーバーグはハーバード在学中、好きな女子学生に振られて激しく落ち込んでいたことがあった。ヤケ酒を飲んでも、ネットに相手の悪口を書き込んでも、気がおさまらない。ふと思いつき、数時間でつくり上げたのがフェイスマッシュだった。のちに、大学の査問委員会に呼び出され、謹慎を言い渡されたものの、学生たちの社交生活に大きな変化をもたらし、熱い支持を得ることができた。
やがてザッカーバーグは、この経験を踏まえ、世界中のだれもが知るあのソーシャルネットワーキングサービスを立ち上げることとなる――。
世界最大のSNSビジネスを成功させた舞台裏のほか、知られざる過去のエピソードも満載の一冊。

【著者プロフィール】
桑原晃弥(くわばら・てるや)
1956年広島県生まれ。経済・経営ジャーナリスト。慶應義塾大学卒。業界紙記者、不動産会社、採用コンサルタント会社を経て独立。人材採用で実績を残した後、トヨタ式の実践、普及で有名なカルマン株式会社の顧問として、『「トヨタ流」自分を伸ばす仕事術』(成美文庫)、『なぜトヨタは人を育てるのがうまいのか』(PHP新書)などのベストセラー制作を主導した。著書に『マーク・ザッカーバーグ 史上最速の仕事術』(ソフトバンククリエイティブ)、『スティーブ・ジョブズ 神の遺言』(経済界新書)、『ウォーレン・バフェット 巨富を生み出す7つの法則』(朝日新聞出版)、『「トップアスリート」名語録』(PHP文庫)などがある。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング