「Bizホスティング Cloud(n)」の日本データセンターによるサービス提供開始およびオプションサービスの拡充について ~パートナー企業との協業により使いやすさを強化~

@Press / 2012年6月27日 11時45分

別紙1  Cloud(n) CDNのイメージ
 NTTコミュニケーションズ(略称:NTT Com)は、パブリッククラウドサービス「Bizホスティング Cloud(n)」(呼称:クラウド・エヌ)において、2012年6月27日より、日本国内データセンターによるサービスを提供開始します。これに合わせて、国内外主要都市に対して大容量コンテンツの高速配信を可能とする「Cloud(n) CDN」や、プライベートクラウドサービス「Bizホスティング Enterprise Cloud」との快適なハイブリッド利用を実現する「Bizホスティング Enterprise Cloud - Cloud(n)ハイブリッドオプション」を提供開始します。

 さらに、14社のパートナー企業(*1)との協業により、オンプレミスからクラウドへの移行支援やパートナー企業が提供するクラウドとのハイブリッド環境の実現など、サービスメニューの充実を図り、お客さまがより使いやすい環境を実現します。

 「Bizホスティング Cloud(n)」はこれからも、さまざまな付加サービスを追加し、低価格で豊富なAPIを備える拡張性の高いクラウド基盤を提供していきます。


1.日本国内データセンターによるサービス提供
 「Bizホスティング Cloud(n)」は、2012年3月30日より米国データセンターによるサービスを提供しておりますが、新たに日本国内データセンターによるサービスを日米共通の料金で提供します。これにより、お客さまは、利用用途に応じて日米データセンターの選択が可能となり、日本国内からのアクセスするお客さまは、これまでより低遅延・高レスポンスでご利用いただけます。


2.オプションサービスの概要
(1) Cloud(n) CDN(別紙1参照)
 エンドユーザーから最も近いキャッシュサーバー(世界20拠点に設置)を利用することで、ネットワークやCloud(n)サーバーにかかる負荷を低減させ、大容量コンテンツを高速に配信することが可能なサービスです。キャッシュサーバーからの配信量200GBまで月額1,575円(200GB以降は1GBあたり月額12.6円の従量課金)の低価格で提供します。
 Webコンテンツ等を管理するお客さまは、「Bizホスティング Cloud(n)」のポータル画面から即座にCDNのオンライン申し込みと設定管理ができ、Cloud(n)サーバーとの組み合わせにより、国内外への最適な情報配信が可能です。

@Press

トピックスRSS

ランキング