『JASIS 2012』事前登録受付を開始―「エネルギーの未来」記念シンポジウムも同時受付―

@Press / 2012年6月29日 13時0分

社団法人日本分析機器工業会(所在地:〒101-0054 東京都千代田区神田錦町1-12-3、会長:服部 重彦/株式会社島津製作所 代表取締役会長)と一般社団法人日本科学機器協会(所在地:〒103-0023 東京都中央区日本橋本町3-8-5、会長:矢澤 英人/株式会社ダルトン 代表取締役社長)は、展示会『JASIS 2012』を、9月5日(水)から9月7日(金)まで開催します。

■『JASIS 2012』
キャッチフレーズ 「未来発見。」
期間:9月5日(水)~9月7日(金)
会場:幕張メッセ国際展示場 4、5、6、7、8 計5ホール
(10時~17時:入場無料)

■事前入場登録 開始
開催にあたり、7月2日(月)より事前入場登録をWEB上で開始いたします。


■事前入場登録 方法
円滑な入場登録をはかるため、本年も事前登録を奨励しています。8月24日(金)までに事前入場登録いただきますと、バーコード付きの入場証と『JASIS 2012』オフィシャルガイドブックがお手元に届き、ご入場時に、その入場証を受付で読み込むだけの簡単な手続きで入場できます。


■事前入場登録された方に抽選でプレゼント
期日までに事前登録されたご来場者を対象として、早期事前登録者限定の抽選(1等1万円ギフト券)と図書券500円分が当たる抽選に参加できるWチャンスの特典があります。

ぜひ、8月24日(金)までに事前登録のうえ、ご来場くださいますよう、お願い致します。( http://www.jasis.jp/2012/ )


<展示会規模>
本日6月29日現在の申込状況:小間/1,344、出展社・機関/421
併催する「新技術説明会」は337テーマと過去最高を記録し、出展各社の大いなる意気込みが感じられます。

理化学機器から物質の構造解析装置まで、文字通りの分析・科学機器/技術の入口から出口までの最新情報が発信されます。


※ご来場の利便性をはかるため、JR幕張本郷駅(海浜幕張駅経由)から会場までの無料シャトルバスの運行や鹿島地区からの無料往復バスの他、新たに、つくば地区からの無料往復バスも運行します。

さらに会場内では、「やさしい科学機器入門講座」、日本が誇る、あらゆる産業分野を支えてきたマザーツール・機器/技術の文化的価値を評価し、後世に伝える「分析機器・科学機器遺産コーナー」が設置されます。

また、分析・科学機器の将来の方向性を示す特別企画展示「未来発見。」コーナーでは、「安全・安心(食品・環境)」「マテリアルサイエンス」「ライフサイエンス」の3つのテーマについて、日本が世界に誇る最新技術をご紹介するパネル展示を行います。

今回は、隣接する国際会議場において、第1回JASIS開催を記念し、記念シンポジウムが9月5日(水)に開催されます。
震災以降、関心の高いエネルギー問題を、基調講演小宮山 宏氏(三菱総合研究所理事長、元東京大学総長)をはじめ、著名な先生方にわかり易くお話いただきます。
※参加は無料。どなたでも聴講できます。事前申込優先となります。

『JASIS 2012』は、分析/計測に関するアジア最大規模の展示会であり、最新の製品情報のみならず、最先端の学術的、技術的な情報も提示される世界有数の総合展です。主催者として、ご来場者にも、出展企業にもご満足いただけるよう努力してまいります。

@Pressリリース詳細ページ
提供元:@Press

@Press

トピックスRSS

ランキング