「着こなし」「アイテム」「意識」改革でクールビズをもっと涼しく!~ワイシャツ専門、柳田織物が提案するクールビズもうひと工夫~

@Press / 2012年6月29日 9時30分

インナーを着ない
ネット通販ワイシャツ専門店「ozie(オジエ)」を展開する株式会社柳田織物(本社:東京都江東区、代表取締役:柳田 宏)は、今年の夏をより涼しく、クールビズスタイルを実践していただくために、ワイシャツ専門店ならではの「クールビズスタイルをさらに快適にするための3つの工夫」をご提案します。

■クールビズスタイルをさらに快適にするための3つの工夫とは?
1.着こなしの工夫 (インナーを着ない/着替えを常備)
2.機能性素材シャツの活用
3.職場理解の改善

≪1.着こなしの工夫 (インナーを着ない/着替えを常備)≫
●インナーを着ない
[ 画像: https://www.atpress.ne.jp/releases/28324/1_1.jpg ]
ワイシャツの下にインナーを着ないと、「肌触りがベタベタする」「素肌が透ける」「汗シミが目立つ」など、様々な心配があります。そのような時は以下のようなワイシャツ選びをしてみてはいかがでしょうか。

・肌触りがベタベタする
機能性素材のワイシャツは素肌に着ても肌触りがよく、ベタベタしないものが多いのが特長です。

・透けが気になる
色味のあるシャツを着る、ピタピタのサイズを避けると素肌は透けにくくなります。

・汗シミが気になる
白いシャツや織り柄のあるシャツを着ると目立ちにくくなります。
ワイシャツ選びを少し工夫することによってインナーが不要になります。

●着替えを常備
[ 画像: http://www.atpress.ne.jp/releases/28324/2_2.jpg ]
着替えのワイシャツを常備して職場で着替えれば、清潔感も増しますし、気分もリフレッシュします。出勤時や内勤の際はノーネクタイ用シャツや半袖シャツを着用し、外出やお客様とのミーティング前にタイドアップ用のシャツに着替えるなど、TPOに応じた着こなしも可能です。

≪2.機能性素材シャツの活用≫
[ 画像: http://www.atpress.ne.jp/releases/28324/3_3.jpg ]
近年、クールビズ用に多くの機能性素材シャツが登場しています。

・ビズポロ
ワイシャツ仕立てのニットシャツ。素肌に直接着るのに最も適しています。

・クールマックス
スポーツウェアでもおなじみ。綿の5倍の吸湿速乾性があります。

・麻
天然の吸湿速乾素材で古来より夏の素材として親しまれてきました。

・アイスコットン
綿に特殊技術を施すことで涼しい肌触りを実現しました。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング