手塚治虫短編集『MYTHOS(ミュトス)』7月10日発売 いちど開けたら抜け出せない禁断の世界 ~東京国際ブックフェアにて“異界体験”実施~

@Press / 2012年7月4日 11時0分

株式会社創英社/三省堂書店(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:亀井 忠雄)と、株式会社手塚プロダクション(本社:東京都新宿区、代表取締役:松谷 孝征)は、手塚治虫短編集『MYTHOS(ミュトス)』を、7月10日に発売(定価5,000円)します。

「MYTHOS」とは、Mystery(不可思議な、神秘的な),Thrill(身震い、緊張感),Horror(恐怖、戦慄),Osamu(手塚治虫の),Story(物語)の頭文字を取ったタイトルで、数多い手塚作品の中でも、“異界”をテーマに、人間の罪や欲望、生死など、根源的な問いを投げかける問題作を集めました。

「子供の頃にはわからなかったものもある。大人になると見えなくなってしまうものもある。」世代を越えて引き込まれずにはいられない、完全永久保存版です。


■東京国際ブックフェアにて“異界体験”
 ~ARを使った異界デモンストレーション実施~
この不可思議な異界を、一足早く体験して頂けます。両社は「第19回東京国際ブックフェア」にて出店し、『MYTHOS』を限定100冊先行販売および、AR(Augmented Reality)を使った“異界デモンストレーション”を実施します。
『MYTHOS』の表紙にiPadをかざすと、物語の世界観が浮き上がるという仕組みです。サプライズゲストによるARデモンストレーションの他、会場に設置されたiPadで、自由に映像をご覧いただけます。このAR“異界デモストレーション”の企画・開発は、株式会社新東通信・CRYSTAL CG JAPAN株式会社の協力を得て実現します。
ただし、この“異界体験”で、現実の世界へ戻れなくならない様お気をつけください。


【展示会の詳細】
「第19回東京国際ブックフェア」
会期   : 2012年7月5日(木)~7月8日(日)
会場   : 東京ビッグサイト
出展ブー : 手塚プロダクション・ブース 西館1ホール ブース番号:2-30
URL    : http://www.bookfair.jp/


■一生に一度は考えたい5つの質問!三省堂書店3店舗でのスタンプラリー開催
更に、この発売にともない、三省堂書店は「MYTHOS」の内容にちなんだ、質問形式のスタンプラリーを、3店舗(神保町本店・有楽町店・名古屋高島屋店)にて実施します。「いちどだけ生まれ変われるとしたら、なにに生まれ変わりますか?」「心だけきれいな人と見た目だけきれいな人、どちらが幸せな人だと思いますか?」など、「MYTHOS」の内容に通じる5つの質問を設置し、答えるごとにMYTHOS(Mystery,Thrill,Horror,Osamu,Story)の文字が集まるという仕組みです。ふだんは話さない深いテーマを、「家族」で話し合うきっかけにもなります。
この夏は、一生に一度は考えたい「問い」の世界を、旅してみてはいかがですか?

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング