ニキビ最新事情“アクネ菌”が難病の原因に!? シロノクリニック、放っておけない、ニキビの「サンデー相談」スタート

@Press / 2012年7月5日 11時0分

図1
開院18年目となる“主にアンチエイジング美容皮膚科事業を展開する”医療法人社団シーズ・メディカルグループ シロノクリニック(理事長:城野 親徳、所在地:東京都渋谷区)は、ニキビやアクネ菌に関する正しい知識を伝導すべく、ニキビの「サンデー相談」を開始いたしました。
また、「ニキビケア・アクネ菌」に関する意識調査を、関東在住の18歳から44歳までの100名の女性に行いました。その中で興味深い調査結果が出ましたので併せてご報告いたします。


■女性100名に行った、ニキビケア・アクネ菌に関する調査結果が興味深い!
シロノクリニックは、2012年6月、関東在住の18歳から44歳までの100名の女性に「ニキビケア・アクネ菌」に関する意識調査を行いました。

○ニキビができた時のケアはどのようにしていますか?という質問に対して、特にケアをしない方が最も多く(24%)、ニキビ用スキンケア製品を使う方が19%、睡眠などの休息をとる方が18%、食事に気をつける方が15%、薬局で塗り薬を買う方が11%、皮膚科へ行く方が10%、自己判断でサプリを飲む方が3%、薬局で飲み薬を買う方については0%と回答が一方に片寄らず、平均的且つバラつきのある回答となりました。
これは、ニキビケア・ニキビ対策に関する情報がいろいろ溢れ、本当は何が良いのかわからない、というのが本音といえそうです。
(※図1 http://www.atpress.ne.jp/releases/28379/4_1.jpg )

○「アクネ菌」を知っていますか?という質問に対して、名前を聞いたことがある程度でよく知らないと回答した方が85%、全く知らない(このアンケートで初めてこの言葉を知った)方が5%、詳しく知っている方は10%という回答でした。意外にも、ニキビの発症に大きく関係している「アクネ菌」のことはよく知らない方が殆ど。女性は“なにを基準にケアをしているのか”がわからずに各々の判断でケアをする、という懸念すべき背景があることが判明しました。
(※図2 http://www.atpress.ne.jp/releases/28379/2_2.jpg )

上記に伴い、ニキビが治るなら受けてみたいと思うものはどれですか?と質問したところ、塗り薬が75%、飲み薬が52%、ピーリングが30%、レーザー治療が18%、光治療が同じく18%、注射・点滴が12%という回答。
これに対し、その中でもどれが最も効果が高い(ニキビに効く)と思いますか?と質問したところ、レーザー治療が24%、塗り薬が24%、飲み薬が18%、ピーリング16%、光治療12%、注射・点滴6%という回答でした。まとめると、レーザー治療・ピーリング・光治療・注射点滴がそのシェアを「58%」占め、美容皮膚科領域のケアが期待されていることが判りました。
(※図3 http://www.atpress.ne.jp/releases/28379/3_3.jpg )

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング