1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

タブレットPCとアバターシステムを活用した高齢者向け新情報サービス『安心生活・応援隊』 ~モニター説明会を経て、7月2日より北海道伊達市で、第2回モニター実証実験開始~

@Press / 2012年7月3日 9時30分

【安心生活・応援隊】端末
広報企画制作の株式会社アイディ(本社:東京都港区、代表取締役会長:三島 卓)と、「デジタル・エンターテインメントで暮らしをたのしく」をテーマとする株式会社スプリューム(本社:東京都中央区、代表取締役:梶塚 千春)は、タブレットPC上で動くアバターを活用した、高齢者向け新情報サービス『安心生活・応援隊』の第1回モニター実証実験を行い、「安否確認」と「緊急通報」が、実際に役立つサービスかどうかを検証しました。

※実証実験 概要(実施済み)
北海道伊達市 高齢福祉課協力の下、2011年10月3日(月)から12月9日(金)まで、市内在住高齢者15世帯を対象に実施。

そこでの課題を解決し、2012年7月2日(月)から1か月間、本格サービス実施を視野に入れた、第2回モニター実証実験を行います。今回は、より楽しく使い続けられる、必要な機能だけが集約した、将来的には地域の皆様全員に活用いただけるサービスを目指した改良を検証します。

今後は、実証実験を経て、全国自治体への展開に向けてサービスの拡大・充実を図っていきます。

■『安心生活・応援隊』 北海道伊達市 第2回モニター実証実験 概要
実施期間    :2012年7月2日(月)~7月31日(火)
実施都市    :北海道伊達市
主催      :株式会社アイディ( http://www.idinc.co.jp )
         株式会社スプリューム( http://www.splume.co.jp )
共催      :北海道伊達市 福祉部高齢福祉課
モニター対象  :北海道伊達市竹原地区在住の60歳~75歳の高齢者13世帯
モニター方式  :専用アプリケーションとコミュニケーション用アプリケーションを
         インストールしたタブレット型PCを貸与
モニター検証内容:・タブレットPCによる高齢者の「安否確認」の有用性検証
         ・タブレットPCによる高齢者と北海道伊達市の情報交流の有用性検証
         ・タブレットPCによる市民サービスとしての汎用性のイメージ提供

※モニター説明会(実施済み)
6月28日(木)に北海道伊達市「だて歴史の杜カルチャーセンター」にて、モニター説明会を実施(対象:北海道伊達市竹原地区在住の60歳~75歳の高齢者世帯)。

去る6月28日(木)には、事前に本サービスの理解をより深めていただくため、北海道伊達市竹原地区在住の市民を対象にしたモニター説明会も行いました。

実際に端末に触れていただくなどして、第2回実証実験に向けて市民の皆さまに『安心生活・応援隊』を体験していただきました。


■『安心生活・応援隊』とは・・・?
急増を続ける高齢者世帯への見守りの重要性が叫ばれる昨今、健康面の不安や、悪徳商法や振り込め詐欺といった犯罪など、高齢者を取り巻く不安や危険が増加しています。それらの問題を解消し、高齢者世帯に安心に生活していただけるよう誕生したサービスが『安心生活・応援隊』です。

独自開発された「安否確認」の情報プラットフォームを核に、独自サービスとして、高齢者と北海道伊達市を結ぶ、易しく使い勝手の良い「相互連絡機能」を搭載しました。
さらに、汎用サービスとしての電子メール、テレビ電話、インターネットを複合的に組み合わせて、高齢者世帯を見守り、サポートします。

また、将来的に重要なサービスとして位置付けられる「タウン情報機能」(各自治体の特性に応じた公共・民間サービス機能)や「コンシェルジュ機能」(ユーザーの利便を拡張する機能)の拡充も目指しています。
キーボードを介さず直感的操作ができるタッチパネルをはじめ、見やすい大画面、アバターを用いた馴染みやすいユーザーインターフェースなど、高齢者でも簡単に扱える機能を有しています。

・「安否確認」について
「安否確認」は、各家庭の生活時間に合わせ、一日一回、ユーザーが市へ体調を連絡する機能です。アバターによる「安否確認」のお尋ねに対し、モニターは「調子良い」「まあまあ」「調子悪い」の選択で応答、それぞれの回答によって福祉部高齢福祉課が対応します。
特に「調子悪い」が選択された際には、「電話(スカイプによる通話)」での連絡、あるいは保健師の対応、さらに消防等への緊急連絡対応などを行います。

・「連絡機能」について
「連絡機能」は、ホーム画面に常に表示されている「市への連絡ボタン」を押すと、市の担当者へ通知が届き、管理画面に通報音とともに、連絡者の名前とメッセージ画面が表示される機能です。市の担当者は「電話(スカイプによる通話)」で確認応答し、事後の対応方法を決めていきます。

・「地域コミュニティ活性化ツール」について
タブレットPCの「電子メール」「テレビ電話」「ウェブブラウザ」を組み合わせて、モニターメンバー間のコミュニケーションのみならず、汎用性のあるデジタル・コミュニケーションを支援します。

※サービスの詳細などについては、別途資料を用意していますので、下記URLからダウンロードしてご使用ください。
〈資料〉 http://www.splume.co.jp/press/date20120625.pdf

@Pressリリース詳細ページ
提供元:@Press

【関連画像】

【安心生活・応援隊】モニター説明会の様子

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング