タブレットPCとアバターシステムを活用した高齢者向け新情報サービス『安心生活・応援隊』 ~モニター説明会を経て、7月2日より北海道伊達市で、第2回モニター実証実験開始~

@Press / 2012年7月3日 9時30分

【安心生活・応援隊】端末
広報企画制作の株式会社アイディ(本社:東京都港区、代表取締役会長:三島 卓)と、「デジタル・エンターテインメントで暮らしをたのしく」をテーマとする株式会社スプリューム(本社:東京都中央区、代表取締役:梶塚 千春)は、タブレットPC上で動くアバターを活用した、高齢者向け新情報サービス『安心生活・応援隊』の第1回モニター実証実験を行い、「安否確認」と「緊急通報」が、実際に役立つサービスかどうかを検証しました。

※実証実験 概要(実施済み)
北海道伊達市 高齢福祉課協力の下、2011年10月3日(月)から12月9日(金)まで、市内在住高齢者15世帯を対象に実施。

そこでの課題を解決し、2012年7月2日(月)から1か月間、本格サービス実施を視野に入れた、第2回モニター実証実験を行います。今回は、より楽しく使い続けられる、必要な機能だけが集約した、将来的には地域の皆様全員に活用いただけるサービスを目指した改良を検証します。

今後は、実証実験を経て、全国自治体への展開に向けてサービスの拡大・充実を図っていきます。

■『安心生活・応援隊』 北海道伊達市 第2回モニター実証実験 概要
実施期間    :2012年7月2日(月)~7月31日(火)
実施都市    :北海道伊達市
主催      :株式会社アイディ( http://www.idinc.co.jp )
         株式会社スプリューム( http://www.splume.co.jp )
共催      :北海道伊達市 福祉部高齢福祉課
モニター対象  :北海道伊達市竹原地区在住の60歳~75歳の高齢者13世帯
モニター方式  :専用アプリケーションとコミュニケーション用アプリケーションを
         インストールしたタブレット型PCを貸与
モニター検証内容:・タブレットPCによる高齢者の「安否確認」の有用性検証
         ・タブレットPCによる高齢者と北海道伊達市の情報交流の有用性検証
         ・タブレットPCによる市民サービスとしての汎用性のイメージ提供

※モニター説明会(実施済み)
6月28日(木)に北海道伊達市「だて歴史の杜カルチャーセンター」にて、モニター説明会を実施(対象:北海道伊達市竹原地区在住の60歳~75歳の高齢者世帯)。

去る6月28日(木)には、事前に本サービスの理解をより深めていただくため、北海道伊達市竹原地区在住の市民を対象にしたモニター説明会も行いました。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング