“「myGengo」から「Gengo」へ”人力翻訳プラットフォーム「myGengo」、サービス名称変更のお知らせ

@Press / 2012年7月5日 12時0分

「Gengo」
株式会社myGengo(本社:東京都渋谷区、CEO:Robert Laing、以下 当社)は、2012年7月4日より、サービス名称およびロゴを変更いたしましたので、お知らせいたします。

「myGengo」は、5,000人以上の翻訳者にいつでも、どこからでもアクセスできる、リーズナブルな「人力翻訳プラットフォーム」です。当社は、2009年6月17日に創業し、3周年を迎えました。2011年9月27日に事業の将来性と技術の優位性を高く評価され、国内外のエンジェル投資家やベンチャーキャピタルより525万ドルの投資を獲得しております。

ハイレベルな試験をクリアしたネイティブ翻訳者が5,000人以上登録、対応言語も20言語以上、翻訳元と翻訳先の組み合わせも40を越えており、国内最大クラスの規模に成長しております。1文字2.6円という超低価格ながら、その高品質と9割以上の翻訳オーダーは8時間以内で完了し、さらに翻訳が100字以内の場合は、その9割が2時間以内で完了するという翻訳スピードも評価いただいております。95%の注文は28分以内に翻訳が開始され、そして注文の99.996%がお客様によって承認されています。

当初は誰でも利用できるサービスとして、メールやツイートなどのシンプルな翻訳を提供して参りましたが、グローバル化が進み、頻繁に更新されるサイトコンテンツの翻訳など、当社の提供するAPIを利用した高度なビジネス目的の利用も急増しております。本年度の第14半期の利用実績のうち、約4割がAPI経由によるビジネスユーザーとなっております。

こうした事業環境の変化も踏まえ、個人・企業を問わず、世界中の誰もがコミュニケートできる言語プラットフォームを目指し、サービス名称を「Gengo」に変更いたします。この短い名前は、私たちが皆様全てに提供したいと考えている「シンプルさと便利さ」をよりよく表すと考えています。

新ブランドの適用以降も、「myGengo」のサービスやポイント、利用環境など、各サービスは従来通りお使いいただけます。
さらに、ユーザーの利用促進を図るため、現在Facebookキャンペーンを実施中です。


■Facebookキャンペーン概要
『Communicate Freely』
URL: https://www.facebook.com/myGengo
(Gengo Photo Contest のボタンをクリックしてください)

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング