成安造形大学&滋賀県立近代美術館 連携推進事業企画展「自然学|SHIZENGAKU ‐来るべき美学のために‐」

@Press / 2012年7月11日 10時30分

Softpad 作品
 成安造形大学(所在地:滋賀県大津市、学長:牛尾 郁夫)と滋賀県立近代美術館は、連携推進事業として企画展「自然学|SHIZENGAKU ‐来るべき美学のために‐」を開催いたします。成安造形大学がパートナーシップを締結しているロンドン大学ゴールドスミスカレッジの協力も得て、大学と美術館が深く恊働した新たな文化創出の形を試行します。


【企画展のテーマ「自然」について】
 今世紀の最も大きな課題は地球環境の問題です。自然は人間存在の基盤であり、生成の契機です。人間社会が自然の力を損なうようであれば、人類は存続できません。そのような価値観に貫かれた社会作りが国際的に急がれるのは、周知の事実です。この地球環境問題の時代において、「芸術」という枠組みが真にグローバルな平和的社会基盤として機能するためには、それにふさわしいテーマが必要となります。我々に提案できることは、「芸術」におけるテーマとして「自然」を語ることです。

【企画展開催の背景】
 本展は、成安造形大学とロンドン大学ゴールドスミスカレッジの国際学術交流プロジェクトが発端となっています。「自然学|SHIZENGAKU」、それは東西の文化、すなわち欧米とアジアが共有すべきテーマであり、21世紀における自然認識や芸術と自然の関係を日英双方からの視点で掘り下げ、グローバルな時代の新たな「自然美学」の構築を目指すものです。日英双方で展覧会と国際シンポジウムを開催し、複数の芸術媒体と複数の批評的枠組み(理論/実践、日本/英国)によって立体的な探求を行います。このプロジェクトの成果から、日英の自然観を基盤としながらも、それぞれの美意識の主張にとどまらない提案の契機を生み出せればと考えています。

 日本展は、プロジェクト・コアメンバーのアーティスト2名によるコラボレーションを中核に、成安造形大学の教員や卒業生も参加する大規模な展覧会となります。調和と共存を目的とした感性の獲得を目指して、鑑賞者・アーティスト・学者・学生が語り合っていける活性化された場を形成したいと考えます。英国展と第2回国際シンポジウムは2013年3月にロンドン大学ゴールドスミスカレッジ他で開催される予定です。

*このタイトルは、アリストテレスの同名理論書『自然学』、及びジル・ドゥルーズの論文『ルクレティウスと自然主義』、今西錦司の著書『自然学の提唱』などに由来しています。


【みどころ】
 日英の大学による国際学術交流プロジェクトの中でも、大きな企画のひとつである滋賀県立近代美術館との連携推進事業がスタートします。大学間の国際学術交流+大学と美術館の連携事業という、国際交流・地域交流が立体的に結びついた、アートを通じた新しい文化交流のかたちといえるでしょう。

@Press

トピックスRSS

ランキング