1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

BIGLOBEがX1Studioと、クラウドやAIを活用したビルのCO2排出量削減ソリューション事業に参入~「クラウド型空調自動制御ソリューション」を本日より提供開始~

@Press / 2021年11月16日 12時0分

別紙1
BIGLOBEプレスルーム
https://www.biglobe.co.jp/pressroom/release/2021/11/211116-a

ビッグローブ株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:有泉 健、以下 BIGLOBE)は、X1Studio株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:William Achury、以下 X1Studio)とともに、クラウドとAIを活用したビルのCO2排出量削減ソリューションに参入します。本日より提供を開始する「クラウド型空調自動制御ソリューション」は、ビルの空調に関わる電気量を削減することが可能で、CO2排出削減に貢献します。

本ソリューションは、ビルの既存のBEMS(注1)に接続し、AIで最適な空調を管理する「BRAINBOX AI」(注2)を活用します。「BRAINBOX AI」は、米国をはじめ世界150都市・250カ所以上の建物で導入実績があり、空調の平均25%の消費電力削減を実現しています。

X1Studioは、スマートビル構築事業においてビルや商業施設での導入実積を有しています(注3)。

BIGLOBEは、X1Studioと包括的な協業を行い、通信をはじめとする事業運営サポート、アライアンス支援、営業から保守までのバリューチェーンを強化します。また、本協業により人と社会と地球の未来づくりに貢献する「SDGs Action by BIGLOBE」の推進を強化してまいります。


クラウド型空調自動制御ソリューションを実現する「BRAINBOX AI」の特長は次の通りです。

1. ビルの既存のBEMSに取りつけることで、AIが空調を管理し、空調に係る電気代を平均25%削減。ビルの空調を管理する既存のBEMSと、外気温や天候などの外部データを組み合わせながら、AIで最適な空調コントロールを実現します。

「BRAINBOX AI」設置から約2カ月はAI学習、削減効果を確認する期間で、その後、空調の制御を開始します。制御開始後も常にAIは学習を続け、ロジックをアップデートし、最適な制御を実現します。

2. オフィスビル、商業施設などの大きな建物で活用可能
「BRAINBOX AI」を取り付けられるビルは、BEMSが設置されており、空調が集中管理されている大きな建物です。特に電力の集中管理が75%以上、床面積が7,000m2以上の建物では効果が出やすく、オフィスビル、ホテル、病院、大学、商業施設などで効果が見込まれます。

3. 「BRAINBOX AI」は削減額をシェアする「ESCOモデル」
「BRAINBOX AI」は、本機器を使用しなかった場合の電気代をアルゴリズムから算出することが可能です。導入にあたっての機器代や導入費用などは不要。利用料は「BRAINBOX AI」によって削減できた電気代の半額分を毎月お支払いいただきます。お客さまは、「BRAINBOX AI」によって削減できた電気代の半額を利用料として支払うだけで、他に追加料金も無く、省エネ・コスト削減が実現できます。

なお、11月24日(水)に開催されるX1Studio主催ウェビナーにて、弊社の有泉がゲストとして登壇します。スペシャリストによる、空調管理を始めとした、スマートビル実現に向けた内容となっています。視聴は無料で300名まで申し込み可能です。


【ウェビナーの名称 申し込み】
「#2021スマートビル ~スペシャリストに聞く~ これからの時代に必要となる、「スマートビル」の実現方法
https://x1studio.co.jp/2021webinar-jp/


(注1)BEMSとは、Building and Energy Management Systemの略で、「ビル・エネルギー管理システム」のこと。電気やガスなどエネルギーの使用状況の「見える化」や分析、自動制御など、全般的なエネルギーマネジメントを可能にするシステム

(注2)X1StudioはカナダBRAINBOX AI社の日本販売代理店

(注3)X1Studioは、株式会社日建設計と共同で進めている「クラウドプラットフォームを活用したセンサー・設備制御ネットワークシステムの協創」の取り組みの中で、BRAINBOX AIによる空調制御の実証実験を11月10日に開始しました。将来的には、本協創で取得している様々なセンサーデータを活用し、BRAINBOX AIによる制御の更なる高度化も試行していきます。
本実証実験は、将来的な開発を目的としているためESCOモデルを採用しておりません。

<クラウドプラットフォームを活用したセンサー・設備制御ネットワークシステムの協創>
https://www.nikken.co.jp/ja/news/press_release/2021_03_10.html

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/284566/LL_img_284566_1.png
別紙1

画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/284566/LL_img_284566_2.png
別紙2

画像3: https://www.atpress.ne.jp/releases/284566/LL_img_284566_3.png
別紙3


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

【関連画像】

別紙2 別紙3

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

10秒滞在

記事を最後まで読む

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください