Windows(R)アプリケーション&ストレージ最適化ソフトウェア「Diskeeper(R)12」日本語版 新発売!

@Press / 2012年7月6日 12時0分

Windows用アプリケーション&ストレージパフォーマンス最適化ソフトウェア「Diskeeper(ディスキーパー)」およびネットワーク対応ファイル復元ツール「Undelete(R)(アンデリート)」の開発元であるCondusiv Technologies(コンデューシブ・テクノロジーズ 旧社名 Diskeeper Corporation、本社:米国、カリフォルニア)は、「Diskeeper 12」日本語版のリリースを発表いたします。
日本国内における販売は、相栄電器株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:瀬井 裕太郎)が担当し、2012年7月6日より順次ダウンロード版の販売を開始、また2012年7月20日よりパッケージ版の販売を開始いたします。
また、ボリュームライセンス販売につきましては準備が整い次第開始する予定です。詳細は当社Webサイトでご確認ください。
http://www.sohei.co.jp

Windows用デフラグ(ハードディスク最適化)ツールとして1996年に国内で販売開始以来、15年以上にも渡り広くご愛用いただいておりますDiskeeperですが、この度、従来、別ラインナップとして販売していたSSD最適化ツール《HyperFast(R)》を全エディションに標準搭載し、更に新機能を加えた「Diskeeper 12」を発売いたします。
「Diskeeper 12」には、新機能《HyperBoot(TM)》(ハイパーブート Professional、Homeに搭載)が加わり、PC起動時間の短縮を実現しました。また、全く新しいユーザーインターフェイスはシンプルで分かりやすい一方、詳細な設定やレポート機能も有し、これまでにないルック&フィールを提供いたします。この他にもSANのような共有ストレージを負荷なくパフォーマンスアップする《CogniSAN(TM)》(コグニサン Serverに搭載)テクノロジー、シンプロビジョニング環境における記憶領域の浪費を防止する《領域回復エンジン》(Serverに搭載)などの新機能が追加され、かつてない進化を実現しています。

もちろん、これまで高い評価を頂いて参りましたDiskeeperの“Set It and Forget It(R)” ~インストールするだけであとはおまかせ~ の全自動機能もますます深化し、その存在や稼働を意識していただくことなく、ご家庭のPCから企業内のサーバーマシンに至るまで、本来そのコンピューターが持つパフォーマンスを余すことなく引き出し、機器寿命を最大化することができます。

【「Diskeeper 12」の特長】
コンピューターを使っていく間にパフォーマンスが徐々に低下して行き、ストレスを感じるようになることはどなたでも経験があるでしょう。その原因は断片化であるかもしれません。ハードディスクの断片化はもちろん、SSDも放置すれば大幅なパフォーマンス低下の可能性があります。その結果、コンピューターの起動やアプリケーションの起動や動作、ウィルススキャンやバックアップなどあらゆる場面でスローダウンが発生します。世界中で累計販売本数4,300万本を超えるDiskeeperならインストールするだけでこのような問題を解決します。

<NEW>
【《HyperBoot》搭載】
《HyperBoot》はWindowsコンピューターの起動プロセスを最適化し、起動時間を短縮する新機能です。時間が経過しても高速起動を維持し、システムリソースに負荷をかけることもありません。《HyperBoot》はProfessional、Homeの各エディションに搭載されています。

<NEW>
【全く新しいユーザーインターフェイス】
新バージョンのユーザーインターフェイスは従来のDiskeeperとは全く異なり、シンプルで直感的に操作できる斬新なものです。充実したレポート機能やきめ細やかな設定も提供され、インストールだけしていただき、全自動でお使いいただくことも、とことんカスタマイズしていただくことも可能です。

<NEW>
【機能強化された《HyperFast》を標準搭載】
《HyperFast》はSSDの最適化ツールとして従来別売の追加機能でしたが、SSDの普及に伴い、標準搭載となりました。また、TRIM対応も追加され、一段とその機能が強化されています。

<NEW>
【《システムモニター》・《ディスクヘルス》機能搭載】
新搭載された《システムモニター》は主要なリソースの使用状況を時間別・プロセス別・ファイルの種類別に確認することができます。また《ディスクヘルス》機能はハードディスクのS.M.A.R.T.データのモニター・その他の致命的なファイルシステムトラブルのチェック・致命的な問題や、差し迫ったディスク故障の警告・24時間体制のE-Mailによる警報の生成などの機能を持っています。

<NEW>
【《CogniSAN》搭載】
《CogniSAN》はServerに搭載され、SANのような共有ストレージにおけるリソース使用状況を検知し、SANストレージレイヤーにおけるオペレーションや、他のサーバーのオペレーションをを一切妨害することなくパフォーマンス向上させることが可能になります。

<NEW>
【《領域回復エンジン》搭載】
《領域回復エンジン》は、SANおよび仮想環境においてシンプロビジョニングされたボリュームに存在する未使用領域にゼロを書き込むように設計されています。コントローラーないしハイパーバイザーは、ゼロが書き込まれたデータブロックの領域割当を開放することが可能になり、さらに効率的に記憶領域を利用することができるようになります。

上記のような数々の新機能を得た「Diskeeper 12」ですが、断片化の発生を未然に防止する《IntelliWrite(R)》やそれでも発生した断片化を瞬時に解消する《Instant Defrag(TM)》は健在で、ハードディスク、SSDのいずれにおいても常に最適なパフォーマンスを維持します。もちろん、《InvisiTasking(R)》による厳密なリソース監視により、他のアプリケーションに影響を与えることはありません。

新しい「Diskeeper 12」でお使いのWindowsマシンを常に快適な状況に保ち、スムースでストレスのないコンピューター環境を手に入れてください。

【「Diskeeper 12」日本語版(パッケージ)の希望小売価格(消費税込)】
Home 3ライセンス版:6,480円
Professional   :7,980円  Professionalアップグレード:4,800円
Server      :45,600円 Serverアップグレード   :28,300円

上記価格はパッケージ版の価格です。ダウンロード版、ボリュームライセンス、保守につきましては当社Webサイトをご覧いただくか、弊社までお問合せください。なお、「Diskeeper 12 Administratorエディション」の発売、価格につきましては当社Webサイトにて別途ご案内いたします。

【「Diskeeper 2011」日本語版からの無償アップグレードについて】
2012年5月28日以降に「Diskeeper 2011」日本語版を購入され、ユーザー登録いただいた皆様を、無償アップグレードの対象とさせていただきます。詳細につきましては当社Webサイトでご確認ください。
http://www.sohei.co.jp/software/freeupgrade_2011.html

【動作環境】
Diskeeper 12日本語版はIntel x86およびx64(DOS/V)で動作します。HomeはWindows XP SP3、Windows Vista(R) SP1以降、Windows 7 SPなし、SP1で使用できます。(Windows 7 Starter、Windows Vista Business、Windows 7 Professional、Windows Vista / 7 Enterpriseでは使用できません。)ProfessionalはWindows XP SP3、Windows Vista(R) SP1以降、Windows 7 SPなし、SP1 (Windows 7 Starterを除く)で使用できます。ServerはWindows Server(R) 2003(R2を含む)、Windows Server 2008(R2を含む)の各エディションで使用できます。(Itanium システムには対応していません。)
またDiskeeper 12はMicrosoft社「.NET Framework 4.0」がインストールされている必要があります。インストールされていない場合はダウンロードおよびインストールが開始されます。
詳細は当社Webサイトでご確認ください。( http://auto-defrag.com/diskeeper/requirements

【Condusiv Technologiesについて - Condusiv Makes Your Technology Perform Better and Helps You Do More】
Condusiv Technologies(旧Diskeeper Corporation)は、アプリケーションのパフォーマンスと効率の最適化と維持、機器の製品寿命の延長により、テクノロジー、ユーザー、企業の生産性を向上させるハイパフォーマンスソフトウェアを開発しています。物理システムまたは仮想システムにCondusiv ソフトウェアをインストールした瞬間から、当社のテクノロジーはデータパフォーマンスを自動的に最適化します。オーバーヘッドが必要ない当社のエネルギー効率に優れた“Set It and Forget It”のソリューションは、フォーチュン1,000社の90%を超える企業と、フォーブス グローバル 100 の約4分の3の企業が利用しています。


相栄電器株式会社は、日本におけるCondusiv Technologies社製品の販売元です。
「Diskeeper 12」日本語版の試用版は下記Webサイトからダウンロードすることができます。
http://www.sohei.co.jp/software/download.html


(c) 2012 Condusiv Technologies All Rights Reserved. (c)2012 Sohei Electrical Instruments Co.,Ltd. All Right Reserved. / Diskeeper, Undelete, IntelliWrite, Instant Defrag, InvisiTasking, I-FAAST, Terabyte Volume Engine, Titan Defrag Engine, HyperFast, HyperBoot, CogniSAN, Accelerating File I / O,は、Condusiv Technologiesによって所有されている商標または登録商標です。他のすべての商標およびブランド名は、該当する各社が保有しています。

@Pressリリース詳細ページ
提供元:@Press

@Press

トピックスRSS

ランキング