“内定者の中には、iPhone所有者が多い?!”ランチの時間を使った就職活動支援サービス「ヒルカツ」就活生を対象とした『携帯電話・スマートフォン利用実態調査』を実施

@Press / 2012年7月10日 10時0分

図-A、図-B
就職活動支援サービス「ヒルカツ」(株式会社オンザボード 代表取締役:和田 憲治、株式会社K2 代表取締役:下田 健太郎の共同運営)は、今年就職活動を行った学生230名に対して、「携帯・スマートフォン利用実態調査」を実施しました。


■調査概要
【調査日】  2012年6月13日~6月20日
【対象】   「ヒルカツ」サービスを利用する就活生
       携帯電話・スマートフォン所有者
【サンプル数】230名
【調査方法】 アンケート調査票形式による
【基本属性】 男女比:男性58%、女性42%
       年齢 :18歳  5%、19歳 13%、20歳 13%、21歳 33%、
           22歳 18%、23歳 10%、24歳  5%、25歳  1%、
           26歳  1%、27歳  1%

リリース詳細版は、「ヒルカツ」WEBサイトへ
http://www.hirukatsu.com/news/201207_1.html


■調査結果
(1)『携帯電話 キャリア別所有状況』(図-A)
●最も多かったキャリアはSoftBankの47%
ほぼ半数の就活生が、SoftBankを利用している結果となりました。学生にとって、利用しやすい料金体系や割引サービスがあることが理由として考えられます。また、後述のとおり、就活生におけるiPhoneの所有率も、キャリアシェアの数字と関連しているものと考えられます。

(2)『所有携帯電話の種別』(図-B)
●スマホ所有者が83%、ガラケー所有者の約4倍の数字
ディーツーコミュニケーションズ(D2C)によると、2012年2月時点の全国のスマートフォン普及率は24%。対して今回、スマートフォンを所有する就活生のユーザーは83%という回答でした。中でも、iPhoneを所有する就活生は全体の49%に上り、スマートフォンを利用するユーザーの中で最も多い結果となりました。

図-A、B: http://www.atpress.ne.jp/releases/28514/1_1.png

(3)『キャリア別端末種別 所有状況の詳細』(図-C、D)
●スマホとガラケーのユーザー割合は6:1
現在就職活動を行う学生の中では、スマートフォンを利用しているユーザーが圧倒的に多いことが伺えます。中でも、iPhoneをもつユーザーが多い結果を受け、キャリア別、また端末別に見てもSoftBankのシェアが52%を占める結果となりました。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング