シチズン時計のWEBマガジン「リアルスケール」時に関するアンケート 第18回『みんなの身支度事情』調査報告

@Press / 2012年7月11日 11時0分

図1:朝の身支度時間/全体・性別 (N=3,397)
 シチズン時計株式会社(本社:東京都西東京市、社長:青柳 良太)が提供するWEBマガジン「リアルスケール( http://www.realscale.jp )」編集部は、全国の男女を対象に時に関するアンケートで、時に関する意識・実態調査 第18回『みんなの身支度事情』を実施いたしました。


調査結果⇒ http://realscale.jp/voice/answer/18/
別添資料: http://www.atpress.ne.jp/releases/28545/a_5.pdf


★美しさは時間が生む?女性の約半数が身支度に『1時間30分以上』
 1分でも長く寝ていたい。でも早く起きないと時間が……。毎朝、そんな葛藤を胸にベッドから抜け出している人も多いと思いますが、そんな慌ただしい朝の身支度にかける平均時間は60分。これを男女別で見ると男性54分、女性70分という結果になりました。
 平均時間より早い、『5分位内』~『30分~40分程度』で身支度を済ませる男性の割合が42.3%に対して、女性は24.5%。一方で、『1時間30分程度』~『2時間以上』かける女性は合計で46.0%と半数近くにのぼっており、予想通り女性のほうが身支度にかける時間は長いという結果に。女性の美しさの秘訣は朝の身支度にかける時間にあったようです。
 では、朝の貴重な時間を有効に使うために、みなさんはどんな工夫をされているのでしょうか?
 最も多く寄せられたコメントは、身支度の同時進行。男性は洗面所での「歯磨き」や「新聞」「髭剃り」など。女性では「メイクしながらご飯」という回答が目立ちました。そのほか「寝る前に明日の荷物と洋服を用意しておく(神奈川県・女性)」のように、前日にしっかり準備する方も多くいらっしゃいました。
 ですが、なかには「服選びに時間がかかるので前日に用意していますが、朝になると気分が変わって、結局選びなおしてしまいます(北海道・女性)」といったコメントも。
 身支度にかける時間は違えど、慌ただしいのは男女共通のようです。

<図1:朝の身支度時間/全体・性別 (N=3,397)>
http://www.atpress.ne.jp/releases/28545/1_1.gif


★「スッピンは無理!」女性の4人に1人は朝食よりも「化粧」が大事
 時間がない朝でも欠かせない身支度には男女ではっきり差がでました。男性がもっとも欠かせないと思う身支度の第1位は『朝食』で18.9%。2位に僅差で『歯磨き』が続き、3位以下の『洗顔』や『整髪』に差をつける結果になりました。
 一方、女性では26.0%が『化粧』と回答して第1位。「とにかくまつげ命です(東京都・女性)」や「ごはんを食べなくても、スッピンは無理(広島県・女性)」といった意見に共感する方も多いのではないでしょうか。
 続く2位は『歯磨き』で17.5%、男性の1位に選ばれた『朝食』は13.3%で、『洗顔』に次ぐ4位という結果に。
 アンケートでは選択肢から回答をひとつだけ選んでいただいたため、実際には化粧だけして歯磨きや洗顔をしない女性はほとんどいないと思いますが、それほど「化粧」は女性にとって欠かせないもののようです。
 『その他』のコメントでは、「家族全員にハイタッチ!(福島県・男性)」や、「必ず2才の子どもを起こして一緒に主人を見送り、みんなでチュー(大阪府・女性)」といったほほえましい朝の様子も多く寄せられました。
 何かと慌ただしい朝ですが、みなさん欠かせない“マイルール”があるようです。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング