1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

ハイエンドモデルCitrix HDX専用ゼロクライアント Dell Wyse Xenith Pro国内販売開始

@Press / 2012年7月17日 10時0分

Xenith Proイメージ
クラウドクライアントコンピューティングを提唱するワイズテクノロジー株式会社(所在地:東京都千代田区、日本法人代表:松浦 淳)は、本日、Citrix Systems, Inc.(NASDAQ:CTXS、以下 シトリックス)と共同開発した、高パフォーマンス、シンプルな操作性を持つCitrix(R) HDX(TM) テクノロジー対応ゼロクライアントであるDell Wyse Xenith Pro(ワイズ ゼニスプロ)の国内販売開始を発表します。

Dell Wyse Xenithシリーズは、2010年10月に国内発表したDell Wyse Xenithを含み、Citrix(R) XenDesktop(R)ソリューションに特化したゼロクライアント製品です。シトリックスソリューションを有効活用するために必要な各種HDX機能をサポートしているため、シトリックス環境の仮想デスクトップ接続に対して、最高の操作性を提供することが可能です。Dell Wyseゼロクライアントエンジンによるセキュアでコンパクトなファームウェア設計であるため、端末の管理コストを劇的に削減することができます。またシトリックスの仮想化ソリューションを導入されているお客様は、Dell Wyse Xenithの設定に対する追加作業コストがほぼゼロで既存のシステムへ導入することが可能となります。Dell Wyse Xenithシリーズは今後提供される最新のCitrix HDX機能に常に対応し、ユーザーに最高のパフォーマンスを提供していく予定です。

Dell Wyse Xenithシリーズの中でもDell Wyse Xenith Proは、Citrix HDXユーザー向けにDell Wyse Xenithと比べて2倍の処理能力を搭載し、マルチメディアやFlashも非常に美しく再生・表示できます。内蔵のAMD Sempronプロセッサは、消費電力を抑えながらも高いパフォーマンスを実現します。ディスプレイの回転や、2つのDVIポート、6つのUSBポート、2つのシリアルポートによる比類のない接続性を含むディスプレイサポートも利用できます。Dell Wyse Xenithと同様に、Dell Wyse Xenith Proでも、接続系統は取り付け用ブラケット(オプション品)でモニタの背面やデスクの下に収めたり、壁に固定したりしてデスクスペースを確保することができます。

Dell Wyse Xenithシリーズは、シトリックス技術への投資に対するエンドユーザーのROI(投資利益率)を最大限に引きあげることを目的として開発/設計されており、インテリジェント・デスクトップ・デバイスへの投資、展開、サポートに対するまったく新しいアプローチを提示します。効率的な設計は、電源投入後わずか6秒程度でのログイン画面表示から、ギガビットLANやオプションの802.11nワイヤレスなどの高速な接続方式まで、ユーザーの時間を節約し、生産性の向上につながるさまざまな機能を搭載しているためゼロクライアントとして非常に優れた性能を実現します。

国内販売開始に伴い、英語版に加え、日本語化されたDell Wyse Xenith Proファームウェア搭載モデルも選択が可能です。遅延ゼロ、セキュリティ・リスク・ゼロ、管理ゼロ、そしてエネルギー消費限りなくゼロという究極のシンクライアントシステムであるDell Wyse Xenith Proを是非ご体感ください。


■Dell Wyse Xenith Proゼロクライアントの特長
・ゼロコンフィグレーション
Windowsなどの一般的なOSとは異なり、Dell Wyse Xenith Proは初回使用時の設定がゼロ、且つ初期構成に対して最新のOSのパッチで更新を行う必要は一切ありません。

・遅延ゼロ
独自OSのサイズが非常に小さいため、ブートに要する時間が非常に短く、ユーザーはデスクトップへのアクセスに長時間待つことはありません。

・セキュリティ・リスク・ゼロ
マルウェアは、特定のOSおよびアプリケーションを攻撃するように作成されています。Dell Wyse Xenith Proには、マルウェアの攻撃対象となるようなOSがないため、マルウェアからの攻撃の心配がありません。

・管理ゼロ
Dell Wyse Xenith Proは箱から取り出したあとすぐに、追加設定せずにXenDesktopで動作し、HDXエクスペリエンスを提供します。これはすべてCitrixネイティブの管理機能に従って実行されるため、Dell Wyse Xenith Pro側での設定は不要です。

・エネルギー消費を限りなくゼロ
Dell Wyse Xenith Proの商品電力は、平均14.6W(使用時)と究極のグリーン設計になっています。


Dell Wyse XenithProのデモは、Citrix iForum(会期:2012年7月17日~18日)のDell Wyseブースにて実施されます。
http://www.citrix.co.jp/iforum/index.html?cc=wy


■ワイズテクノロジー株式会社 日本法人代表 松浦 淳
Dell Wyse Xenith Proは、シトリックスの相互技術協力を得て開発された、Citrix(R) HDX(TM)のサポートを実現した非常に高パフォーマンスなゼロクライアント製品です。パフォーマンス、シンプルな操作性、耐久性に大きなメリットを実現する次世代のゼロクライアントであるDell Wyse Xenith ProによりIT部門のセキュアでシンプルな管理の下、仮想デスクトップ環境におけるユーザーの生産性を更に高めることを期待します。


■シトリックス・システムズ・ジャパン株式会社 マーケティング本部 本部長 伊藤 利昭
電源投入後、すぐに仮想デスクトップに接続できるWyse Xenith ProゼロクライアントとCitrix(R) XenDesktop(R)の組み合わせにより、導入の容易性、迅速性、ユーザーの利便性がさらに向上されるものと期待しています。あわせて、Citrix HDX(TM)テクノロジーへの継続的な対応が行われることにより、お客様により高い付加価値を提供できるものと確信しております。
シトリックスは、今後もワイズテクノロジー様との連携のもと、デスクトップ仮想化の市場拡大を推進してまいります。


■Wyse Technologyについて
Wyse Technologyはクラウドクライアントコンピューティングにおけるグローバルリーダーです。Wyseの事業ポートフォリオには、高度な管理、デスクトップ仮想化、およびデスクトップ、ラップトップ、次世代モバイル機器に対応したクラウドソフトウェアを活用する、業界最高レベルのシンクライアント、ゼロクライアント、およびクラウドPCクライアントのソリューションが含まれます。クラウドクライアントコンピューティングは、セキュリティや信頼性、エネルギー効率が低く高価なPCを必要とする旧式のコンピューティングモデルを代替すると同時に、TCOの削減と優れたユーザーエクスペリエンスを実現します。Dell Wyseには2,000万台以上の出荷実績があり、同社製品を利用するユーザーは毎日2億人以上に上り、世界中の民間、公共、ハイブリッド、政府機関のクラウド実装を先導しています。

注意:米国Wyse Technology Inc.は、2012年5月にDell社の買収が完了いたしました。Wyse製品は、Dell Wyseブランドとして今後日本国内でも販売を継続してまいります。2012年7月現在では、日本国内における営業活動は、引き続き「ワイズテクノロジー株式会社」で実施してまいります。

会社名   : ワイズテクノロジー株式会社
住所    : 〒100-0006 東京都千代田区有楽町1-7-1
        有楽町電気ビルヂング 南館10階
日本法人代表: 松浦 淳
設立    : 2005年8月10日
資本金   : 1,000万円
URL     : http://www.wyse.co.jp


■Citrixについて
Citrix(NASDAQ:CTXS)は、クラウドの時代においてどのように人々が働き、ビジネスを拡大し、ITシステムと協調するかを変革する企業です。市場をリードするクラウド、コラボレーション、ネットワーキングおよび仮想化技術に基づき、シトリックスはテレワークによるワークスタイルやクラウドサービスの原動力として、26万社のお客様のITシステムを簡素化し、より利用しやすいものに変革しています。シトリックスの製品とサービスは全インターネットユーザーの75パーセントが毎日利用しており、100か国、1万社を超える企業とパートナー関係を結んでいます。2011年度の年間売上高は22億1,000万ドルでした。シトリックスの詳細については http://www.citrix.com をご覧ください。


■Wyse製品販売代理店及び本リリースのお問い合わせ先
http://www.wyse.co.jp/varsearch/

@Pressリリース詳細ページ
提供元:@Press

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング