美容に関する意識調査 美肌と聞いて思い浮かぶ成分1位は「コラーゲン」 しかし、正しく理解しているのはたったの3%

@Press / 2012年7月17日 15時30分

グラフ(年齢ごとの「たるみ」/「しみ・そばかす」への悩み)
コラーゲンに関する正しい情報発信に努める「コラ活」実行委員会は、一般的なコラーゲンに対する認識を明らかにするため、20代~60代の女性1,000名を対象に、美容に関する意識調査を実施いたしました。
調査結果より、美容意識は比較的高いものの、なかなか実行にうつせていない様子が浮き彫りになりました。また、コラーゲンは美容に欠かせない成分となっている状況が浮かび上がってきている一方で、コラーゲンについて正しく理解できている人がほとんどいないという結果も明らかとなりました。


■9割以上の女性が基本的なスキンケアを重視するも、理想と現実の間にはギャップあり
91.3%の女性がスキンケアで最も意識していることとして「毎日化粧水をきちんとつける」と回答するなど、基本的なケアを毎日きちんと行うという意識が高いことが明らかになりました。しかし、7割以上(73.1%)が「化粧水はたっぷりつけた方がいい」と考えながらも、実際に行っているのは半数以下(49.0%)にとどまるなど、理想と現実の間にはギャップがあることも明らかとなりました。


■つきない肌の悩み1位「しみ・そばかす」2位「たるみ」。年齢と共に気になる「たるみ」
「自身の肌の悩みとして最も気になっているもの」という質問では、1位「しみ・そばかす」(33.1%)、2位「たるみ」(18.3%)、3位「乾燥」(13.8%)という結果になっています。特に「たるみ」は他の悩みに比べ、年齢と共に回答者が増える傾向があることがわかりました。
また、「現在の肌について不満や悩みが多い」は72.7%、「将来の肌について不安がある」は84.3%が回答しており、女性にとって肌の悩みは大きいことが示唆されました。


■美容といえば?1位「コラーゲン」。でも正しく理解できているのは1割以下
「美肌と聞いて思い浮かぶ成分」について質問したところ、1位「コラーゲン」(46.5%)、2位「ヒアルロン酸(27.8%)、3位「ビタミン類」(12.4%)という結果となりました。しかし、コラーゲンに対する正しい知識を問う質問に対しても、正しく回答できたのは各設問3%~6%程度と非常に少ないことがわかり、肌に良さそうなイメージはあるものの、どのように取り入れたらよいのかわからないという状況であることが浮き彫りとなりました。


<調査概要>
■表題  :美容に関する意識調査
■調査主体:「コラ活」実行委員会
■調査方法:アンケート調査(インターネット調査による)
■調査期間:2012年6月23日(土)~24日(日)
■調査対象:全国(北海道・東北地方、関東地方、中部地方、近畿地方、
      中国地方、四国地方・九州・沖縄地方)の20~60代の女性
■回答人数:女性1,000名(内訳は下記の通り)
      20代 200名、30代 200名、40代 200名、
      50代 200名、60代 200名        合計1,000名

@Press

トピックスRSS

ランキング