3G回線で高画質動画をサクサク再生する技術の開発に成功『新スマートヴィジョン』サービス開始! ~クリックから映像開始までの時間を最大1分短縮~

@Press / 2012年7月27日 10時0分

 成長企業を紹介する日本最大級のWeb番組「C-PRO」( http://c-pro.tv/ )を運営する株式会社アイヴィジョン(本社:東京都渋谷区 代表取締役:竹林 成樹 以下:アイヴィジョン)は、他の動画プラットフォーム(YouTube等)では実現が難しいとされる、3G回線での高画質映像を軽量化するシステム『新スマートヴィジョン』を開発いたしました。


【開発の背景】
 企業でのブランディングや収益向上の施策として、企業のWEBサイト戦略において、映像の導入が活性化しております。
そんな中、アイヴィジョンのお客様企業からは、「市場成長率の最も高いスマートフォンやタブレットPCで、より多くの方に映像を見て欲しい」「通常回線(3G回線)でも映像を綺麗なままの状態で配信したい。」といったお悩みをいただいています。

 こんなお悩みを解決すべく、550社を超える映像製作で培った技術を応用し、企業様の持つ動画資産を特殊加工し“高画質な映像を軽量化し配信する技術”を開発いたしました。
無料動画プラットフォーム(YouTube等)での「せっかくの映像が粗くなる」「スムーズに視聴できない」「広告表示が面倒」「競合他社動画の関連付け」等の課題を『新スマートヴィジョン』は解決致します。


【新スマートヴィジョン特徴】
■YouTube等との比較で、動画開始時間を8秒~1分短縮
 「見たい動画をクリックし、映像が流れ始めるまでの時間(=動画開始までの速度)」が視聴率を決めるといわれていますが、『新スマートヴィジョン』を用いた動画の場合、従来の動画プラットフォーム(YouTube等)に比べ、3G回線における動画開始までの速度が8秒~1分(※1)早く再生できます。(※1 自社調べ)

 その結果、「視聴者がせっかく動画をクリックしたのに、すぐにサイトから離脱してしまった」という問題が起きず、動画による認知訴求機会のロスが発生しにくくなります。

■再生離脱率を防ぐには高画質で止まらない映像
 特殊加工により、高画質な映像はそのままに軽量化させることで、スマートフォンでも高画質映像を通常回線(3G回線)でストレス無く配信することができます。

■全ての端末で視聴可能にするマルチデバイスシステムを低価格で実現
 FlashプレイヤーやWindowsプレイヤー等、端末によっては視聴できない映像を全ての端末(iPhone、iPad、スマートフォン、タブレット、PC)で視聴を可能にするマルチデバイス配信を低コストで実現しています。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング