サイレックス・テクノロジー、PCレス製品を実現するSX-LB-4000U2を発売

@Press / 2012年7月18日 15時0分

サイレックス・テクノロジー株式会社(本社:京都府精華町、代表取締役社長:河野 剛士、以下 サイレックス)は、従来PC上のアプリケーションで運用されていた業務やサービスを、安価な専用Boxを用いてPCレスでの運用を可能にする製品化検討キット(型式:SX-LB-4000U2、価格:¥52,500(税込))を7月18日より販売開始いたします。本製品はサイレックスのデバイスサーバなどで既に量産実績があるハードウェアをベースプラットフォームとして、Linux Kernelおよび開発環境をご提供することで、お客様のニーズに合わせた製品開発に活用いただけます。

SX-LB-4000U2は幅広いシーンでご利用いただけるプラットフォームとなっています。例えば、メンテナンスや保守サービス事業者には遠隔メンテナンス用BOXとして、クラウドサービス事業者にはクラウド環境への簡易接続用BOXとして、各種メーカ様には機器のLAN対応化BOXとして、さらにセキュリティベンダにはネットワーク監視用BOXなど様々な製品化を検討頂けます。アプリケーションソフトウェアを専用端末化することで、PCレス化ソリューションを実現することができます。


【SX-LB-4000U2による PCレス化アプリケーション例】
(PC上のアプリケーション ⇒ BOX化)
・ネットワーク監視アプリ   ⇒ ネットワーク監視BOX
・機器バージョンアップツール ⇒ バージョンアップ専用配布BOX
・保守サービスツール     ⇒ メンテナンスBOX
・PC/サーバログイン認証    ⇒ ログイン認証用R/W
・クラウド接続/シンクラ接続 ⇒ クラウド自動接続BOX
                                 など


【専用端末化のメリット】
・PCレス化によるユーザ層の拡大
専用BOX化することで、複雑なPCの設定をなくし、簡単操作ですぐにサービスを利用できるようになると、PC操作に不慣れな方へ容易にサービスの提供を拡大できます。

・メンテナンスや保守サービスなどの経費削減
遠隔地のサーバやクライアント、デバイスに簡単にアクセスできる環境を提供することで、遠隔保守が可能になり、サービス要員が現地に赴く経費や体制維持に必要な費用を抑えられます。

・安価な導入/維持コスト
PCを小型の専用BOXに代替するので導入コストが安くなります。また、ハードディスクのような駆動部品は非搭載のため、壊れにくく、メンテナンス性も優れています。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング