マイケル・ジョーダンをはじめとする、往年の名選手も登場!株式会社CyberXおよび2K Sports、「GREE」にて「NBA 2K オールスターズ」を2012年7月19日より提供開始

@Press / 2012年7月23日 12時30分

NBA 2K オールスターズ
ソーシャルゲームの企画・運営を行う株式会社CyberX(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:小柳津 林太郎、以下「CyberX」)はTake-Two Interactive Software, Inc.(NASDAQ:TTWO)の出版レーベル2K Sportsと提携し、スマートフォンおよびフィーチャーフォン向けソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)「GREE」において、2012年7月19日よりアメリカのプロバスケットボールリーグNBAを題材としたソーシャルゲーム「NBA 2K オールスターズ」の提供を開始致しました。

本作は基本プレイ無料のアイテム課金制。マイケル・ジョーダンをはじめとした往年の名選手や、NBA全30チームの中、現役で活躍するスター選手が実名・実写で登場します。ユーザー自身がオーナーとなり、500名1,500種類以上の選手の中から好きな選手を組み合わせて、オリジナルの最強チームを作ることができます。また、各選手の個人プロフィールや、昨シーズンの成績、最新のニュース配信などのコンテンツも盛り込まれており、ゲームを楽しみながらNBAや選手について知ることができます。


■CyberX代表取締役社長 小柳津 林太郎のコメント
「この度は、『NBA 2K オールスターズ』という世界最高のバスケットリーグを題材とした、ソーシャルゲームを、Take-Two Interactive Software、Visual Concept、そしてNBA Propertiesからの公認を受け、ご提供出来ることを大変光栄に思います。このソーシャルゲームを通して、NBAの素晴らしい世界観、そして才能溢れる選手の啓蒙に少しでも貢献出来れば幸いです。またこの度は、Take-Two Interactive SoftwareとNBA Propertiesから惜しみないご協力を頂いたことに関して、この場で御礼申し上げます。」

■2K Sportsマーケティング部バイスプレジデント ジェイソン・アージェント氏のコメント
「CyberXの優秀なチームにより制作された『NBA 2K オールスターズ』が日本のモバイルゲームプラットフォーム『GREE』にて提供されることを心より嬉しく思います。ソーシャル、そしてオンラインという要素を活用し、より多くのユーザーがいかなる場所においてもNBA2Kを楽しめる方法を提供できることに誇りを感じています。このゲームはNBAを皆様の間にさらに広めるための大きな一歩となるでしょう。」

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング