「Cloudian」のパートナー企業にソフトバンク・テクノロジーが新たに参加 S3 API完全準拠のクラウドストレージ・ソフトウェア製品、「Cloudian」のパートナー企業が8社に

@Press / 2012年7月26日 15時0分

 ジェミナイ・モバイル・テクノロジーズ株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:太田 洋、以下 Gemini)は、Amazon S3 API完全準拠のクラウドストレージを構築できるパッケージソフトウェア製品、「Cloudian(R)」のパートナー企業に、ソフトバンク・テクノロジー株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役 CEO:阿多 親市、以下 SBT)が新たに加わったことを発表いたします。


 ソフトバンクグループの技術中核会社であるSBTは、「Cloudian」と親和性の高いSupermicroサーバーの販売パートナーとして、コンテンツプロバイダー、データセンター、企業内のプライベートクラウド環境へ大規模ストレージシステムの販売をおこなっています。このたび「Cloudian」のパートナーとなったことについて、SBTの代表取締役 CEOである阿多 親市 様は次のように語っています。


≪ソフトバンク・テクノロジー株式会社 代表取締役 CEO 阿多 親市 様のエンドースメント≫
 「ソフトバンク・テクノロジー株式会社は、このたびのジェミナイ・モバイル・テクノロジーズ株式会社との業務提携により、Amazon S3 APIに完全準拠する「Cloudian」とデータセンター向け省電力・高密度サーバーのSupermicroとをパッケージ化したクラウドストレージの提供が可能となります。これにより、高い信頼性を担保しながら効率的なビッグデータの保存を必要とする、すべてのお客様の課題解決の一助になると確信しております。」


 「Cloudian」は、「ニフティクラウドストレージ」をはじめとする国内外のクラウドストレージサービスに商用実績があるだけではなく、企業向けのプライベートクラウドやハイブリッドクラウドとしての利用ができます。そして、クラウドストレージの事実上の標準とも言えるS3 APIに完全準拠していることからS3エコシステムを活用できます。

 なお、「Cloudian」の販売と技術サポートは、CCE(Cloudian Certified Engineer)資格取得者を有するパートナー企業8社を通じて提供されます。


■ソフトバンク・テクノロジー株式会社について
 ソフトバンク・テクノロジー株式会社は、ソフトバンクグループの技術中核会社として、デジタル情報技術革新における高度コミュニケーション基盤の実現を目指します。Online Business Solution & ServiceとCloud Enabling(R)、を主な事業領域として広範囲な製品、サービス、ソリューションを提供しています。

@Press

トピックスRSS

ランキング