アジア最大級の食品展示会「フード・エキスポ2012」開催

@Press / 2012年7月27日 11時30分

 香港貿易発展局(日本首席代表:古田 茂美、以下 HKTDC)は「フード・エキスポ2012」を2012年8月16日から20日まで、香港コンベンション&エキシビション・センターにて開催します。HKTDCは、この期間中、日本から出展する過去最大の225社・団体を積極的にバックアップし、日本食品・農林水産物の海外販路拡大に協力します。

URL: http://hkfoodexpo.hktdc.com/dm/prefair/2012/main/index_jp.html


 今年は昨年に引き続き、海外(中国本土を除く)出展としても最大で、33都道府県から、225社・団体(昨年の168社・団体から34%増)が出展し、米、麺類、畜産、水産、乳製品、調味料、野菜、果物、飲料、菓子類、酒類など多岐に亘る日本食・農林水産物のプロモーションを行います。都道府県別では北海道が最多の21社・団体、次いで宮城県の14、鹿児島県の13となっており、地域別では東北地方が昨年の震災を乗り越えて前年比210%の40社・団体が香港に集結します。

 今年で23回目を迎えるフード・エキスポ。今回よりパートナーシップカントリー制を導入し、特定国にスポットをあてたプロモーションイベントを開催、その最初のパートナー国として日本が選ばれました。HKTDCでは去る5月14日に農林水産省と協力覚書を調印、フード・エキスポ期間中、日本食品・日本酒をPRする「ジャパン・レセプション」、日本企業の提供による食材を使用した中華料理フルコースに日本酒を提供する招待制晩餐会「ガラ・ディナー」、一般来場者を対象とした日本食調理パフォーマンスと試食会、同時開催のインターナショナル・ティー・フェア内での「茶菓子ショーケース」(日本発茶菓子のPRと試食会イベント)等パートナー国のオリジナルイベントを行い、日本食の品質・安全性を、全世界からの来場するバイヤー、業界関係者にむけアピールします。

 香港は過去7年間、日本の農林水産物・食品の最大輸出先で、2011年度の香港向けの総輸出高は対前年比8.1%減(世界全体で8.3%減)の1,111億円で、日本農林水産物・食品の総輸出額の約25%に相当します。2011年3月11日の東日本大震災後、香港は諸外国に先駆けて日本食品の輸入規制を発表しましたが、規制の内容および対象地域は、他国と比較すると最も限定的で、現在は5県(福島、茨城、群馬、栃木、千葉)の食品に対して、乳製品、野菜、果物は輸入停止、食肉・水産物については政府作成の放射性物質証明書を要求しています。また規制対象地域の5県の加工食品と、その他の地域の日本食品全般については、輸入サンプル検査を継続して実施していますが、2011年3月23日以降、基準値を超えた製品は未検出となっているため、貿易総額に大きな影響はでていません。

@Press

トピックスRSS

ランキング