1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

八王子クリニック新町、心臓ドックコースをリニューアル~心臓ドックを「非造影コース」と「造影CTコース」2種類に増設~

@Press / 2012年8月1日 9時30分

医療法人社団斗南堂 八王子クリニック新町(所在地:東京都八王子市、理事長:井藤 尚文)は、8月1日(水)より、心臓ドックを「非造影コース」と「造影CTコース」2種類に増設することを発表致します。

【心臓ドック(非造影コース)】(※1)は造影剤を使用しないで、MRIとマルチスライスCTを併用した、冠動脈撮影を行いますので、体に優しい低侵襲な検査です。
【心臓ドック(造影CTコース)】(※1)は造影剤を使用することで、より高い精度の検査が可能です。また、非造影コースと比べ検査時間は約1時間と、短時間で検査を行うことができます。

皆さまの用途に応じて、体に負担の少ない、MRIおよび単純CTを使用した非造影コースと、検査精度が最も高い冠動脈造影CTコースの2種類よりお選びいただけるようになりました。


八王子クリニック新町では今後とも、より多くの皆さまのご要望にお応えできるよう多種多様なサービスの提供に努めて参ります。

(※1) 心臓ドックコース・内容・価格比較
http://www.atpress.ne.jp/releases/28944/1_5.xlsx


◆医療法人社団斗南堂グループについて
平成6年に設立した医療法人社団斗南堂は、当初より『働く人を応援します』をコンセプトに、夜間・休日診療、診察科目の拡充、増床、最新機器の導入など、検査項目の充実、効率化、精度向上、低侵襲医療そして包括的なサポート体制を整備して参りました。

【八王子クリニック】
世界で初めて人間ドックに冠動脈撮影を採用し、国内クリニックでは初となるマルチスライスCTによる人間ドックを導入するなど、大学病院と同等機器の採用により高水準の検査環境を整備しております。

【八王子クリニック新町】
当院の全身ドック/専門ドックは、自費診療・クリニックならではの利点を活かし、多忙な受診者の検査を、一度の来院(最大1泊2日)で綿密に検査をおこない、病巣の早期発見・治療を目指し、日本人の三大死因(癌、心疾患、脳血管疾患)と直接向き合った多様な検査項目を設定しているのが特徴です。

当グループではビジネスパーソンの皆様およびその家族を支える力の源は健康であり、健康を支える包括的な医療サービスの提供が、私共の使命であると考えております。
医療法人社団斗南堂グループの詳細につきましては http://www.hachicli.or.jp をご覧下さい。

@Pressリリース詳細ページ
提供元:@Press

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング