アトムリビンテックより、業績予想の修正に関するお知らせ

@Press / 2012年7月30日 15時30分

家具金物・建具金物・陳列金物など、住宅用内装金物全般の企画・開発・販売を行っているアトムリビンテック株式会社(所在地:東京都台東区、代表取締役社長:高橋 良一)は、最近の業績動向を踏まえ、平成24年1月30日に公表した平成24年6月期通期の業績予想を下記の通り修正いたしましたのでお知らせいたします。


                 記

●業績予想の修正について
平成24年6月期通期個別業績予想数値の修正
(平成23年7月1日~平成24年6月30日、単位:100万円)

・売上高
前回発表予想(A)    :7,240
今回修正予想(B)    :7,346
増減額(B-A)      :106
増減率         :1.5%
前期実績(平成23年6月期):6,851

・営業利益
前回発表予想(A)    :180
今回修正予想(B)    :256
増減額(B-A)      :76
増減率         :42.2%
前期実績(平成23年6月期):39

・経常利益
前回発表予想(A)    :230
今回修正予想(B)    :318
増減額(B-A)      :88
増減率         :38.3%
前期実績(平成23年6月期):79

・当期純利益
前回発表予想(A)    :260
今回修正予想(B)    :344
増減額(B-A)      :84
増減率         :32.3%
前期実績(平成23年6月期):110

・1株当たり当期純利益(円)
前回発表予想(A)    :65.16
今回修正予想(B)    :86.34
前期実績(平成23年6月期):27.66


●修正の理由
(1)売上高
当社の関連する住宅市場におきましては、新設住宅着工戸数に緩やかな持ち直しの動きが見られたものの、本格的な市場の回復には至らない低水準で推移いたしました。
このような状況のもと、利便性や快適性を求める市場の動きに対応して訴求すべき商品を絞り込み、ソフトクローズ機構をさまざまな分野に導入した商品群の充実強化と、それら新製品の市場への浸透に注力するなど、積極的な商品展開と販路拡大に取り組んでまいりました。
この結果、売上高につきましては、前回予想を上回る見込みであります。

(2)営業利益・経常利益・当期純利益
利益面につきましては、売上高の増加に伴い売上総利益が増加したことに加え、販売費及び一般管理費の圧縮により、前回予想を上回る見込みであります。

※上記の予想は本資料の発表日現在において入手可能な情報に基づき作成したものであり、実際の業績は、今後様々な要因によって予想数値と異なる可能性があります。


●会社概要
アトムリビンテック株式会社
所在地    : 東京都台東区入谷1-27-4
代表     : 代表取締役社長 高橋 良一
東証コード番号: 3426
事業内容   : 住まいの金物(内装金物)の企画・開発・販売
URL      : http://www.atomlt.com/

@Pressリリース詳細ページ
提供元:@Press

@Press

トピックスRSS

ランキング