コンチネンタルタイヤ、「フォルクスワーゲン CC」に純正装着

@Press / 2012年7月31日 11時30分

ContiSportContact 5
コンチネンタルタイヤ(本社:ドイツ、ハノーバー市)は、「フォルクスワーゲン CC」に新車純正装着タイヤとして「235/40R18 95W XL ContiSportContact(TM) 5 ContiSeal」を納入しております。

純正装着タイヤサイズ表 http://www.atpress.ne.jp/releases/28990/A_5.pdf


今回納入しているのは、シール効果でパンク時の空気漏れを防ぐ「ContiSeal(TM) (コンチシール)」テクノロジーを採用した「ContiSportContact(TM) 5 (コンチ・スポーツコンタクト・ファイブ)」です。

<ContiSportContact(TM) 5 の特徴>
ContiSportContact(TM) 5は、安全性に優れたプレミアムスポーツタイヤです。
独自の技術である「ブラック・チリ」コンパウンドに性質の異なる2種類のポリマーを配合。それにより卓越した走行性能と、ウエットグリップ性能や耐摩耗性能など安全性を高次元で両立しています。また、転がり抵抗を低減することで優れた低燃費性能を発揮すると共に快適性能も高めています。


<ContiSeal(TM) とは>
ContiSeal(TM)とは、タイヤトレッド内側インナーライナー上(ショルダー部から他方のショルダー部迄)全面に渡って粘着性の強いシール層を配したタイヤテクノロジーです。
直径5mm以下の例えば釘やネジがタイヤトレッド部(*1)に刺さり、内部に達した場合、シーラント剤が釘等を包むように粘着して空気が漏れるのを防ぎます。また、走行中にそれらの釘等が抜け落ちても、シーラント剤が速やかにパンク穴を塞ぎます。タイヤの空気圧が失われることがない為、危険な路上でのタイヤ交換、修理の必要がなく、運転を継続することが可能です(*2)。スペアタイヤを装備する必要がないので、車のスペースをより広く、有効に使うことができます。また、通常のタイヤと同等の走行性能を発揮します。

(*1) パンクの約85%がトレッド部のタイヤ損傷によるものです。(コンチネンタル調べ)
(*2) タイヤの損傷に気がついた場合は、できるだけ早くにお買い求めのカーディーラー、タイヤ店で点検を行ってください。また一般のタイヤと同じく、定期的なタイヤ点検をお奨めします。


【商品特徴】
・トレッド部に釘等によってできた穴をシーラント剤が自動的に塞ぐ為、継続走行が可能。
・スペアタイヤが不要になり、トランクルームがフリースペースに。車も軽量化。
・同サイズ、パターンのタイヤと同等のパフォーマンス、乗り心地を確保。
・サイズ、荷重指数、速度記号が装着基準を満たせば車種を問わずに装着可能。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング