ソニックス、電通デジタル・ホールディングスからの第三者割当増資を実施 スマートデバイス分野でのグローバル展開を加速

@Press / 2012年8月2日 10時0分

Android向けオープンソースソフトウェアやライブラリ提供などを行う株式会社ソニックス(本社:東京都渋谷区、代表取締役:吉澤 武則)は、株式会社電通デジタル・ホールディングス(以下 DDH、本社:東京都港区、代表取締役社長 兼 最高経営責任者:遠谷 信幸)が運用する「電通デジタル投資事業有限責任組合(電通デジタル・ファンド)」を通じて、DDHを引受先とする第三者割当増資をこの度実施したことを発表いたします。

現在、世界で急速に拡大を続けているスマートフォン、タブレットを中心としたAndroid関連製品市場において、端末およびアプリケーションソフトウェアの評価・検証作業における現場の負荷が大きな課題となっています。こうした背景の中、ソニックスでは、2011年5月よりAndroid向けテスト自動化ツール『Scirocco(シロッコ)』をOSS(オープンソースソフトウェア)として提供開始。
それに続き2012年3月より、クラウド上に接続したAndroid端末にWebブラウザ経由で簡単にアクセス可能なアプリケーションの自動テスティングサービス「Scirocco Cloud(R)(シロッコ・クラウド)」の提供を開始し、テスト負荷に係る課題解決に積極的に取り組んで参りました。

ソニックスは2011年12月、ユニークなプロダクトサービスおよびビジネスモデルが評価され、世界の革新的なテクノロジーベンチャーに贈られる『2011 Red Herring Global Top 100 Winner』を受賞しています。また、今年5月には台湾の半官半民組織Institute for Information Industry(III)およびOESF Global LLC(OESF)とAndroid搭載製品およびAndroidアプリケーション向け評価・検証ツールの分野において包括的に協業を進めていくことに合意し、MOU(Memorandum of Understanding)を締結するなど、グローバルに注目を集め、展開を進めています。

今回の増資により、ソニックスは「Scirocco」および「Scirocco Cloud(R)」の開発を加速し、グローバル展開に向け邁進します。


【株式会社電通デジタル・ホールディングス(DDH)について】
電通デジタル・ホールディングスは、デジタル領域に関する戦略立案機能・グループ会社管理機能・投資機能・デジタルファンドの運用をもつ事業統括会社として、グループ関連企業とともに、リソースの集約とノウハウの共有のさらなる推進、より質の高い「ワンストップソリューション」を提供いたします。
URL: http://www.dentsu-digital.co.jp/

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング